丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

正月の浅草演芸ホール

| 0 comments

正月休み、浅草演芸ホールに行った。今年の観劇始めは浅草演芸ホール。
新宿の末広亭は何度か行っているのだが、ここは初めて。

朝11時くらいに入場してほぼ満席。
「立ち見でよいですか?」と言われたので、了承しチケット3000円を購入。そのまま入場。ハッピ姿の呼子さんに連れられて2階へ。場内は凄い熱気。暑いくらい。席が空いていたのでそこに座る。が、尻がハマって動けないっ!俺の様に身体のでかい人間はねえ…建物が古ければ古いほどこの罠にハマるよなあ。旧歌舞伎座や国立劇場の安い席とかは確実にエコノミー症候群みたいに足がむくむもん。
耐えられなくなったので、暫くしてから最上階の立ち見に移った。

正月公演という事で、ほとんど顔見せ。4、5分で次から次へと演者が出てくる。
ほとんどが小話か雑談(笑)その中でも古典落語を独自にアレンジし、ショートにしてやってる人がいた。「金明竹」だったかな?演目。
余談だけど検索エンジンって凄いよなあ。「方言 店番 古典落語」で「金明竹」が出てきた(笑)

沢山の落語家さんや芸人さんが出てきて皆それぞれ笑わせてくれたのだが、中でも三遊亭歌之介さんが面白かった。ちゃんとした落語が聞いてみたい。

結局、14時半過ぎまでまったりと。お土産は高座で親子で散々不味いと言っていた(笑)木久蔵ラーメン。食べてみたけど醤油味、細麺で美味かったよ(笑)

20130111-124602.jpg

遅めの昼食はリスボンでロースカツとチャプスイ。なんかついつい入ってしまう洋食屋さん。

寄席や演芸場はよいなー。テレビでは絶対観られない芸人さんとか沢山観られるし。年輩の芸人さんも何年やってるんだこのネタ?(笑)思えるものもあるが、やっぱり可笑しい。雑技や小唄など盛りだくさんだしね。これだけ楽しんで3000円は安いわー。
今年はお笑い方面も、沢山観たいなーっと。


コメントを残す

Required fields are marked *.