丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

劇場アニメ『AURA~魔竜院光牙最後の闘い~』[映画]

| 0 comments

新宿で買い物をしてちょうど時間があったので気になっていた『AURA~魔竜院光牙最後の闘い~』をテアトル新宿で観てきました。

アニメの『中二病でも恋がしたい! 』をオンタイムで観ていて、ネットで検索していたら同じような内容の話があるよーって事を知ったので。主人公とヒロインの設定はほぼ一緒。『AURA~魔竜院光牙最後の闘い~』の方が先立ったみたいだけど。

劇場アニメ『AURA~魔竜院光牙最後の闘い~』公式サイト

配置されたキャラクター設定は同じでも舞台が随分と違う。そして主人公の背負った過去も。『中二病』はトラウマを抱えつつも、明るくて楽しい学園生活だけど、『AURA』は逆にトラウマを引きづりつつそれと戦おうとしたけど、挫折してそして…ってな感じ。

『中二病』は主人公とヒロイン、それに関わる部員以外のクラスメートはモブでしか無かったが、『AURA』は主に対クラス内という構図。だから結構中盤以降が辛い。ヒロインが陰湿ないじめにあったりと暗い展開が続くのがうっつりする。

クラス内にはスクールカースト(クラス内序列)みたいなものが存在して、いわゆる目立つグループとギーク(オタク)グループが存在する。コスプレの様な格好でうろつくギーク達に因縁を付けて虐める目立つグループ。そこに割って入ったのがヒロインのお世話係にして、痛い過去を持つ主人公。その対決から主人公もまた、目立つグループに目を付けられる事になる。

現実から逃げてしまうヒロインは極端な結論に至る。それを止めるために主人公は最後の闘いを始める。だから魔竜院光牙最後の闘いなのね。

最後は割とあっさり目。結論も『中二病』とは違っていた。

多かれ少なかれ中ニ病ってのは誰にである。中心のグループが服装の事でヒロインに校則違反だ!と迫っていたが、そのグループも剃り込み男子はいるし、女子は胸元開いてるし。

大人になってからも、何かを演じる事は辞められない。できる自分を演出する為に、そう振舞ったり、化粧を必死にしたり。中ニ病は空想の産物ではないものかもしれないが、結局人は何かを演じる事を辞めることが出来ないんだよねえ。現場に納得している人ってどのくらいいるんだろうか?

しかしあれだねえ。片言ヒロインは何であんなに可愛いのかね(笑)ああゆうヒロインのフォーマットってエヴァの綾波レイから?現実にいたらきっとらうざいんだろうけどなー。


コメントを残す

Required fields are marked *.