丸子地移動動物園

東京で活動するグラフィックデザイナーのブログ

キングジムのiPhoneプリンター「Rolto(ロルト)」が着たよ!

| 0 comments

これは楽しい!感熱紙のシールプリンター

8/1発売の、キングジム「Rolto(ロルト)」が来た!

キングジムのiPhoneプリンター「Rolto(ロルト)」

日曜には着ていたのだが、専用用紙だけが別発送で今日着いた。
本体に1本付けてくれればいいのにー!そんな訳で用紙が来るのを待っていた。

本体は非常にコンパクトで軽量。まあ、バッテリーがちょっと大きいけど。

キングジムのiPhoneプリンター「Rolto(ロルト)」
iPodと比較

接続方法は至って簡単

接続は簡単。

方法は2つあって、

1.ルーターに接続させる方法と、

2.Rolto自体をWi-Fiの接続ポイントにしてしまう方法。

キングジムのiPhoneプリンター「Rolto(ロルト)」

俺は2.の方にした。

まず、Roltoを立ち上げ、「設置>Wi-Fi」でRoltoのアクセスポイントと繋ぐ。

後は専用アプリを立ち上げて、「プリンター接続」をするだけ。

最初に接続にちょっと時間がかかるのだが、一度繋がってしまえばあとは普通に繋がる。

専用アプリで色々プリント

印刷は基本的に専用アプリでプリント。

キングジムのiPhoneプリンター「Rolto(ロルト)」

メールとevernoteはまずログインなりメアド設定なりをすると印刷できる。

ブラウザはオリジナル?、地図はiPhone標準地図の様。

印刷は画面をそのまま印刷する「見たままプリント」と「すべてプリント」が選べ、「すべてプリント」を選ぶとトリミングすることもできる。なかなか便利。印刷の長さがcmで表示されるのも地味にありがたい。

キングジムのiPhoneプリンター「Rolto(ロルト)」
2種類のプリント方法

キングジムのiPhoneプリンター「Rolto(ロルト)」
すべてプリントではトリミングできる

専用ソフト以外からもプリントできればいいのだが

現状は専用ソフトをかまないと印刷できないんだよねー。

URLスキームが使えれば連携とかもできそうだけど……そうすれば簡易レジみたいなのもできそうね。

専用用紙のコストはどんなもん?

専用用紙の販売価格は大体、500円から600円。長さが4m。1回10cmなら400回かー。600円として1cm0.15円。まあ、安いかもね。
シールプリントだし。

ともかく楽しいし安い!発送次第では色々できそうー。

とりあえずバスの時刻表とかを印刷してみたが色々使い道ありそうー。

キングジムのiPhoneプリンター「Rolto(ロルト)」
文字のプリント

キングジムのiPhoneプリンター「Rolto(ロルト)」
地図のプリント

キングジムのiPhoneプリンター「Rolto(ロルト)」
写真のプリント。白黒。グレーにすると網点になる

キングジムのiPhoneプリンター「Rolto(ロルト)」
線画。割とちゃんと出る。印刷の際にある程度の補正は可能。

さーて、色々遊ぶかねー。

KING JIM 「ロルト」専用ロール紙 ラベルタイプ PTSS40
キングジム (2014-08-01)
売り上げランキング: 121

コメントを残す

Required fields are marked *.