丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

ヴァニラ画廊で開催中、濱中利信コレクション 〜エドワードゴーリーの世界2〜 「ゴーリー・ライブラリー/Gorey Library」 

| 0 comments

銀座のマニアックな画廊「ヴァニラ画廊」で開催中の「ゴーリー」展は、ゴーリーの本づくりをピックアップ

以前、「オリエント工業展」を開催していた、ヴァニラ画廊にて、ゴーリーの展示をやっているとのことで行ってきた。

過去記事:オリエント工業のラブドール展示「人造乙女博覧会」を観た

濱中利信コレクション 〜エドワードゴーリーの世界2〜 「ゴーリー・ライブラリー/Gorey Library」

エドワードゴーリーは子供たちが次々と死んでいく「ギャシュリークラムのちびっ子たち」など、大人に向けたダークな雰囲気の絵本を描いたことで有名。

今回の展示は、ゴーリーが手掛けた本の装丁や挿絵など、デザイン的な要素を加えた濱中利信コレクションの展示。どちらかというとゴーリーの仕事展って感じかな?今回の展示は。

ゴーリーはハーバード出!そしてノンデザイナーだった!!

初めて知ったんだけど、ゴーリーってハーバード大学を出たインテリだったのね。だからあんな病んだ感じの話とかなのか(笑)

大学を卒業したゴーリーは出版社で本の装丁を作るデザイナーとして活躍するんだけれど、やっぱりその時からゴーリーらしさの雰囲気たっぷりなイラストなんだよね。

デザイナーの勉強をしたわけではないゴーリーはこの出版社で本のデザインのノウハウを身に着ける。
それこそイラストからタイポグラフィーまで。うーん、才能って凄い。

その後、出版社を退社して、本格的に絵本の製作に入る。今回の展示には飛び出す絵本とか、覗き込むといくつもの絵が重なってみえるのぞき穴の本とか、面白い形態の物もあった。

気になったのは悪いことしか書いていないタロットカード。なんだよそれ?(笑)

展示数はそれほどでもないけど、やっぱり面白い展示でした。デザイン的にも優れたものがたくさんあるので、デザイナー必見かもね。

2014/12/2 〜 1/10濱中利信コレクション2 「ゴーリー・ライブラリー/Gorey Library」

ヴァニラ画廊URL:濱中利信コレクション 〜エドワードゴーリーの世界2〜 「ゴーリー・ライブラリー/Gorey Library」


コメントを残す

Required fields are marked *.