丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞展」

| 0 comments

Bunkamura ザ・ミュージアムにて開催中、国芳、国貞浮世絵展

渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されているボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞展を観てきた。

休日だったので激混み。

公式サイト:ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞展

歌川国芳と歌川国貞の代表的な作品の展示の数々で、代表的な骸骨の浮世絵なども展示されていた。ただ、国芳の猫は少なめ(笑)

二人を見比べてみると結構違っていて面白い。

国芳は大胆な構図と躍動的な動きや表情のある構図に対し、国貞はオーソドックスな浮世絵という感じ。

当時として美人画は国貞の方が良かったのかもしれないが、漫画全盛の今なら、表情豊かな国芳の方が面白いのかもね。

国芳は構図もさることながら、色の中で黒が占める割合が高いのが現代的だよね。

カラフルであるべき浮世絵で墨が大部分占めるっていうのは勇気がいるよねえ。

逆に国貞の役者絵は不思議なパステルカラーのものがあった。

役者絵なのにファンシー(笑)

渋谷という町を意識してか、浮世絵の解説文がなんか無理した若者言葉だったのが面白かった。特に漢字のルビ。
贔屓衆のルビがフォロワーって!なんか、いみがちょっと違う気がするんだよなあ。パトロンじゃないか?どっちかというと。

サムライウォリーアーとかルビでふってるんだもんなあ(笑)まあ、展示のタイトルが俺たちの国芳 わたしの国貞だしねえ。

世代的に同世代のキュレーターが無理して書いた感じがする(笑)

ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞展

ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞展

ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞展

ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞展

ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞展

最後に撮影自由なコーナーがあるのも若者向け(笑)

全部国貞だったけどねー(笑)


コメントを残す

Required fields are marked *.