丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

衛府の七忍

シグルイ、覚悟のススメの作者、山口貴由の新作。相変わらずのエログロさ「衛府の七忍」1〜3巻[漫画・感想]

| 0 comments

時は江戸時代!豊臣政権を倒した家康の豊臣方残党狩りに抵抗する異形の者たちの物語

ネットで話題だった衛府の七忍の1〜3巻までを電子書籍で購入。

ネットで話題だった単語誤チェストチェスト関ヶ原が出てくるのは次の4巻かな?(笑)

とりあえず1巻から3巻までは七忍中五忍の人物紹介の様。それでも十分面白い。

ド派手で破天荒、そしてエログロ。何せちんこで相手を切り刻んだりとかねえ(笑)

そしてセリフがいちいちおかしい(笑)一応時代劇なんだけどセリフは現代劇混じり。

主人公の一人怨身忍者のカクゴはヒロインで真田家の家臣の娘、兵藤伊織に惚れているのだが、その表現が「本気(マジ)ツルミテえから」とヤル気満々だし(笑)「本当にちんこでけえ奴ぁ 道具持たねェ」だそうだし(笑)

どいつもこいつも出てくる奴はやる気(ヤる気、殺す気)満々なんだよ本当。

大阪城を倒したのは家康の巨大ロボット「金陀美」

徳川家康はどうやら超兵器みたいなものをいくつか持っているらしく、それに挑む主人公たちも、一度死に怨身忍者と呼ばれる鬼となって蘇った超人。

豊臣の残党を狩ろうとする徳川の軍勢は癖のあるものばかりで、筋骨拡充具足なるアーマーのような装備をしたものもいて、残酷描写盛りだくさんの超人バトル。ちんこで人切るし(笑)

登場するキャラクターは歴史上の人物以外は、過去の山口貴由の作品のキャラクターのオマージュで、主人公のカクゴはまんま覚悟のススメの主人公だし、その敵ハララも怨身忍者として出てくる。いつも裸で(笑)隙あらば脱ぐんだよねえ本当。

どうやら山口貴由の漫画って全て世界が繋がってるらしいのね。ゆえに関係性の高い設定が出てくるのかー。

ともかくテンション高高で、台詞回しも面白い!誤チェストチェスト関ヶ原の出てくる4巻が早く読みてー。


コメントを残す

Required fields are marked *.