丸子地移動動物園

東京で活動するグラフィックデザイナーのブログ

国立新美術館で「草間彌生 我が永遠の魂」展を観てきた

| 0 comments

脳がゆらされるような圧倒的な圧力

国立新美術館で開催中の草間彌生 我が永遠の魂を観てきた。

草間彌生 我が永遠の魂

公式サイト:草間彌生 我が永遠の魂

すごかった。ともかく圧巻としか言いようがない。

何かがむき出しで見終わった後、すごく疲れた。

現代美術って原始的な表現とかもあるから、なんだか心の奥底の方を揺さぶられる感じがするんだよねえ。

アート酔いを久々にしたよ。

展示会場に入るといきなり130点の壁一面に張り出された最新作。

1枚2m四方あるアクリルの作品が会場三方にびっしりと。

草間彌生 我が永遠の魂

草間彌生 我が永遠の魂

草間彌生 我が永遠の魂

草間彌生 我が永遠の魂

草間彌生 我が永遠の魂

草間彌生 我が永遠の魂

草間彌生 我が永遠の魂

その物量とインパクトで圧倒される。

ここは撮影可能なので、あちこちでパチリ。

その会場を過ぎると、草間彌生の過去からの作品が順次展示されている。

初期の作品が暗くて、観ていると気分が沈んでくる。

次に進むと男性器をモチーフとした柔らかい彫刻のゾーン。

なんか生々しくてすごく気持ち悪い。それがいいのだが。

歳をとるごとに色使いが明るくなるのがなんというか、人としての襞(ひだ)を観ているようで。

人間・草間彌生を生々しく観ているようで、終わった後どっと疲れた。

すごくよかったけど疲れた。

図録を買おうかと思ったが、グッズ売り場が1時間待ちという(笑)

外のカボチャのオブジェと水玉のシールを部屋の中に自由に張っていいインスタレーションを体験して、国立新美術館を後に。

草間彌生 我が永遠の魂

草間彌生 我が永遠の魂

なんだかものすごく腹が減ったので、ご飯を食べてコーヒーを飲んだ。

ものすごく消耗したものを取り戻したい気分。

アートって人間性だよなあーと再認識。

草間彌生 我が永遠の魂


コメントを残す

Required fields are marked *.