丸子地移動動物園

東京で活動するグラフィックデザイナーのブログ

AutoDraw

適当な絵が清書される!話題の「AutoDraw」を触ってみた

| 0 comments

なんか思い通りにならないけど(笑)簡単な記号とか書くのはいいかも?あとは書き出し形式かなー?

Twitterで話題のAutoDrawを試してみた。

公式サイト:https://www.autodraw.com/

googleが開発している無料のドローツール。

目玉は適当に描いた絵をAIが判断して綺麗に直して描いたものの候補をあげてくるというもの。

AutoDraw

例えば適当に書いた四角は……

AutoDraw

候補の中からバッグに!

使い方はとっても簡単

AutoDraw

使い方はとても簡単で、特別なペンツールで適当に描くと、上に絵の候補が上がってくる。

で、選べばその絵に変換される。

AutoDraw

マウスで適当に描いた車の絵が、バスに(笑)

変換したくなかったら、2番目の普通のペンで描けばいい。

簡単なドローツールといった感じだが、描いたものはベクター化するので、線を選んで拡大縮小できたりするんだよね。

また、多少の補正がかかるので、マウスなんかで適当に描いても線が整えられる。

書き出しは今の所pngのみ。SVGとかに書き出されたら最高なんだけどなあ。

AutoDraw

今の所書き出しはpngのみなんだよね。せっかくベクターデータっぽいからSVGとかで書き出せたら、すぐにアイコンとかに使えるのにねえ。

まあ、まだ開発中みたいだからその辺も対応するのかな?

どんどん環境を選ばないでも作業できるようになるよねえ。


コメントを残す

Required fields are marked *.