丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

神楽坂・酒音で開催された「榮万寿(さかえます)群馬県館林市 清水屋酒造 利き酒会」に行ってきた

| 0 comments

ワインボトルで作る日本酒!榮万寿!フルーティで飲みやすいお酒

なんとか仕事の都合がついたので、ギリギリで神楽坂の酒音で開催された 榮万寿群馬県館林市 清水屋酒造 利き酒会に行ってきた。

ワインボトルで少量作る日本酒で、ネットではプレミアが付いてたりするお酒なんだよねえ。

ワインボトルに入っているのもちゃんと下意味があって、空気を抜いて密閉するためと、清水屋酒造の方が言っていた。

なるほどー!おしゃれじゃなかったか(笑)

公式サイト: 榮万寿

今回飲み比べたのは、純米酒2016(酒米・新潟県)、純米酒2016 (酒米・群馬県)、純米吟醸2016、純米吟醸2014、そして特別に純米吟醸2016の生原酒

神楽坂・酒音で開催された「榮万寿(さかえます)群馬県館林市 清水屋酒造 利き酒会」に行ってきた

最初に飲んだ純米酒2016は、酒米の五百万石の産地が違う

新潟県産と、群馬県産なんだけど両方共味が違う!

最初に飲んだ新潟県産はマスカットのような味がして、群馬県産の方が麹な風味が強く後味が水っぽい。

産地が違うだけでこんなに違うんだなあ。個人的にはフルーティさが際立つ新潟県産のが好き(笑)

神楽坂・酒音で開催された「榮万寿(さかえます)群馬県館林市 清水屋酒造 利き酒会」に行ってきた

そのあとに飲んだのが、純米吟醸2016、純米吟醸2016の生原酒

神楽坂・酒音で開催された「榮万寿(さかえます)群馬県館林市 清水屋酒造 利き酒会」に行ってきた

生原酒がうまい!マジでうまい。甘さが濃厚なんだけど後味すっきり。

そして最後に純米吟醸2014

神楽坂・酒音で開催された「榮万寿(さかえます)群馬県館林市 清水屋酒造 利き酒会」に行ってきた

より濃厚さが増したような印象。純米吟醸2016の生原酒と甲乙つけがたいなあ。

俺はやっぱり甘めでフルーティ、そして後味が引かない酒が好きなんだな(笑)

神楽坂・酒音で開催された「榮万寿(さかえます)群馬県館林市 清水屋酒造 利き酒会」に行ってきた

神楽坂・酒音で開催された「榮万寿(さかえます)群馬県館林市 清水屋酒造 利き酒会」に行ってきた

神楽坂・酒音で開催された「榮万寿(さかえます)群馬県館林市 清水屋酒造 利き酒会」に行ってきた

料理もやっぱり酒に合うように作れていてうまい。

今回、焼きサバが最高ー。

そして締めはカレーです。

榮万寿のお酒はやっぱりうまい。あんな暑いところでこんなに爽やかな酒ができるってのがいいよね(笑)

酒蔵の人曰く、冬は寒いですとのこと(笑)


コメントを残す

Required fields are marked *.