丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

東京駅のギャラリー、東京ステーションギャラリーで開催中「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」を観てきた

| 0 comments

東京駅内にある東京ステーションギャラリーで2018 年3月3日(土)- 5月6日(日)開催中のくまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質を観てきた。

公式サイト:http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201803_kengo.html

建築家隈研吾といえば、言わずもがな、東京オリンピックで使われる国立競技場品川新駅の建築をしている世界的な建築家。

その数々の建築物の模型を、素材ごとにアーカイブされた展示。

テーマとなる素材は竹だったり木だったりレンガだったり紙だったり。

それを幾何学的なパーツでパズルのように組み合わせて作り上げた建築は、もはや建物というよりも芸術的なオブジェのよう。

国立競技場。いろいろ問題あったけど、個人的にはザハデザインでなくてよかったと思っている(笑)

建物の一角に結構茶室っぽいものがあるのは何かこだわりがあるのかねえ?

品川の次に出来る品川新駅(仮)。重層的な建物になりそう。できたら行ってみたい。

やはり建築は模型で見るだけでなく、現地に行ってみたいねえ。

東京でも見られるところはあるから、ちょっとぶらつきたくなったよ。

コメントを残す

Required fields are marked *.