丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

山荘に一泊して雲取山に登ってきました

| 0 comments

昨日書いたように、雲取山に登ってきました。

山荘に一泊して雲取山に登ってきました

東京奥多摩にある山で、2017m。

丹波山村営駐車場に車を停めて登山。

行きは5時ごろ出て12時ごろに山頂に着く7時間、帰りは6時半くらいに出て12時半くらいに下山の6時間。

結構しんどかった。

特に下山は俺は膝をやってしまい、足を引きずりながらの下山になってしまったため、えらく時間がかかってしまった。

ひたすら狭い山道を歩いていく

ともかく山道が狭く、一人分しかないようなところも。

反対側は斜面だったりして、滑落注意の箇所も多々。

ただまあ、富士山みたいにずっと登りとかではなくて、なだらかな道をアップダウンしていくような感じでもある。

あと開けてる場所が山頂の方しかなく、あとはひたすら林の中を歩いていく感じなので、景色を楽しむとかはないねえ。

山荘に一泊して雲取山に登ってきました

翌日は山頂から富士山が見えた。

山荘に一泊して雲取山に登ってきました

山頂のモニュメント。

富士山と違って山荘は快適

雲取山の山頂から少しくだって(といっても40分くらいおりていく)ところにある雲取山荘に泊まった。

山荘に一泊して雲取山に登ってきました

ぎゅうぎゅうなところに泊まる富士山と違って、個室。

4人しっかり泊まれる部屋。布団もあるし快適。

夕食も朝食も普通に美味しい!有難いことです(笑)

山荘に一泊して雲取山に登ってきました

これは夕食。朝食はシャケと卵とノリと味噌汁、お新香。旅館の朝食だね。

それに部屋でビールが飲める!

500円でお酒が売っていて、携帯も入らなかった(1階のロビーでは入った)ので、酒盛り。

なんとも山の上とは思えない快適さだよ。

山荘に一泊して雲取山に登ってきました

ご来光は木が邪魔して、山荘からは見づらいのが残念。

結構苦しい。何やってるんだろう感はあるけど、充実感もあるね、登山

トレイルランニングなんかもしている山なんだけど、俺は辛かったよ(笑)というか、向いてないよなあ、登山と毎回思いつつ、山の日にはここ数年山に登ってる(笑)

登りもくだりも何やってるんだろう感ばっかりで、山頂での感動も一瞬だったりするんだけどねえ。

まあ、1年に1回くらいは肉体的に辛い思いをしとかないとな、とか思ってはいる(笑)

禊みたいなもんだろうかねえ?自分でもなんで登るのかよく分からない(笑)

今回登って思ったのは、濃いカルピスウォーターは魔法の水。

飲むと体力が回復します(笑)

普通の水ももちろん必要だけど、水だけだと乾きは潤うけど、体力気力は回復しないんだよねえ。

でも、カルピスウォーターは回復します。すごい。

あと、おにぎり。もうダメだーと思った時に食べたらみるみる体力が回復します(笑)

米すごい。

でも、こんなに急激に回復するものを毎日ちゃんと食べてたら、そりゃ太るよなあとか思いました(笑)


コメントを残す

Required fields are marked *.