丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

パレットクラブ基礎コース、網中いづるさんの授業でした

| 0 comments

パレットクラブ基礎コース、網中いづるさんの授業でした。

台所も居間を描く。

パレットクラブ基礎コース、網中いづるさんの授業でした

パレットクラブ基礎コース、網中いづるさんの授業でした

ハナレグミ、高田渡、なぎらけんいちを聴きながら描きたらこうなりました(笑)

昭和の和室と台所って感じが好きなんだなあ。

複雑なことをやりたいのは分かるけど、とっ散らかってると言われた。まあ、そうね。

やっぱりオシャレ要素のないのがねえ(笑)でも俺はそうゆう絵のが好きだから仕方がない。

網中いづるさんのお言葉抜粋

広告だったりしたら、料理が見えたりお手伝いしてる人がいた方がいい。

キッチンがしっありかけてるがその分人がボケる。人を際立たせる描き方も。

ゴチャゴチャしてる中でどこを見せたいのか?

余分な要素を取る。強調したいものをディフォルメして大きくする。

自分がというより見る人がということを考える。

見る人に共感を持ってもらうのがイラストレーション。

イラストレーションは伝達することが1番。

説明する必要はないが、伝わらないとダメ。  

コントラスト。
色の濃さを考える。カラーの作品をモノクロにしてみて、濃淡を見る。

彩度で絵を作るとモノクロに変換すると同じトーンなったりする。

同じ構図で何枚も描く。色を変えて描く。

速いスピードで全部を描く練習をする。

構図がかっこいいとどんな絵でもよく見える。

構図がダメだとキャラが可愛くても絵としてはダメ。

1つのテーマに対して何枚も描く。その中から選ぶくらい。

絶対に失敗すると思って描く。

物、1つ1つはいいが、1枚の絵として見るとパラパラしている。

構図を考えてみる。

絵を構成するのを丁寧にする。

絵の中で一番最初に見てもらうのはどこか?

コミュニケーションする。


コメントを残す

Required fields are marked *.