丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

現役明大生が編集長を務める、雑誌『N magazine』創刊

| 0 comments

気になる雑誌が創刊。なんでも現役の明大生が編集長らしい。発売後売り切れてしまったそうで、2月の中頃、重版されるみたいなので買ってみようかと思ってます。アマゾンで見たら6000円って!(2/1現在)

現役明大生が編集長を務める、雑誌『N magazine』創刊後の反響

2012/12/28 8:56 update

2012年12月25日、雑誌『N magazine(エヌマガジン)』が創刊された。本記事では、関係者や読者によるSNS上の感想をご紹介。

エヌマガジンは「ワクワク、オモシロく、のめり込めるモノを生意気に発信して行く」をコンセプトに、明治大学に通う大学生 島崎賢史郎が「日本のクリエイターが発信する、 上下関係なしにフラットな関係でありたい」という想いで立ち上げた。No.0の表紙には、水原希子を起用するなど、数多くの日本人クリエイターやブランドが参加している。

url: http://nmagazine-tokyo.com

引用元: 現役明大生が編集長を務める、雑誌『N magazine』創刊後の反響 | coromo.

 


コメントを残す

Required fields are marked *.