丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

「シュガーマン 奇跡に愛された男」[映画/感想]

| 0 comments

『シュガーマン 奇跡に愛された男』(Searching for Sugar Man)というドキュメンタリー映画を観た。

映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』公式サイト

1970年代初頭にデトロイトからデビューしたロドリゲスというミュージシャン。才能だけならボブ・ディラン以上とも言わしめた男だったが、商業的には全く鳴かず飛ばず。
その後の彼は行方知れず。一説によればステージ上で頭を撃ち抜き自殺したとのことだった。

アメリカでは全く無名の男ロドリゲス。だが、地球を半周回った南アフリカではビートルズと並び称されるほどのメジャーでありアルバムを50万枚以上売るレジェンドだった! 

1970年代の南アフリカはアパルトヘイト政策の真っ只中。アパルトヘイトに対する活動勢力はあらゆるメディア、言論を押さえつけら表現の自由を奪われた状態。
そんな中、偶然持ち込まれたロドリゲスの レコードが口コミで瞬く間に広がっていく。
デトロイトで目にした風景とそのメッセージ性の強い歌詞に感化された南アのアーティストが、歌によって活動を広めていく。南アのアパルトヘイト廃止への原動力となったロドリゲスの歌。まさに、歌が世界を変えた!

そんな伝説的なミュージシャン、ロドリゲス。しかし、アルバムのジャケットに出ているヒッピー風の風貌以外その素顔は不明。それを知りたいと思ったメディアの人間が調査するも全く手がかりが集まらない…

この後あまりにもびっくりな展開になるのだけれどね。ただ、その奇跡的なエピソードに泣いたよー。マジ泣き。

徐々にロドリゲスの人間性が分かってくるのだが、その素朴で質素を好み、何事に対しても真面目で誠意のある人間性に驚く。反社会的ともとれる過激な歌詞とは裏腹に、その素顔はシャイな人の様で、内に秘めたる情熱を作品に込める人なんだろうなあ。かっこ良すぎる。ロックレジェンドとしてカートコバーンとかとは正反対。まあ、カートとかは売れてしまった事が逆に悲劇になったのだろうけど、たぶんアメリカで売れてもロドリゲスは変わらない人間性だったんだろうなあーと思えるのがすごい。

何かに対して情熱を持ち、そしてそれに煮詰まった状態の人はぜひ観た方がいい。誰もがロドリゲスの様になれるわけではないけど、それでも、それでも!と思えるものがある映画。

DVD出たら欲しいわー。凹んだ時に観たい。そして、itunesでサントラを買ってしまった。やっぱいい曲ばっかだ。

しかし、シュガーマンで検索したら出てきたフジテレビのアンビリーバボーの解説があるんだけどあれはなあ…まんま映画の内容じゃん…ドキュメンタリーとしてやるにしてもひどいよー、映画公開中にネタバレって…


コメントを残す

Required fields are marked *.