丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

七月花形歌舞伎通し狂言 東海道四谷怪談

| 0 comments

七月花形歌舞伎通し狂言 東海道四谷怪談

歌舞伎座夜の部、東海道四谷怪談を観てきました。

ともかく菊之助のお岩さんがすごかった。まさに熱演。『髪すき』と言われる、自分の顔が崩れている事が分かり、怨みを語りながら髪を空くシーンとか怖過ぎ。

最後、燃える提灯からふわりと出てきたり、伊右衛門の悪事仲間を墓石に引き摺りこんだりと、最後はお化け屋敷のアトラクションみたい。 染五郎の伊右衛門も艶っぽい色気もあり、なかなかの悪っぷり。 

民谷伊右衛門って割と不思議なキャラクター造形だよなー。まあ、下衆と言えば下衆なのだが(笑)

鶴屋南北原作の『東海道四谷怪談』は仮名手本忠臣蔵をベースにしてあるから、伊右衛門は元々塩治判官の配下。

塩治家の公金横領したくせに、高師直に士官が決まりそうになった時に妙に塩治に義理立てして迷ったりするし、大体別れたお岩を追っかけてきてる癖に、産後の肥立ちが悪いからといって、急に嫌いになったり。まあ、天邪鬼なのかもしれないえけど(笑)

割と成り行きで殺してしまって、悪い方悪い方へと流されて行く人みたいね。根は割と小心者なのかもしれない。最後の方は自暴自棄になってる感じだからねえ。

大体、お岩をハメたのは、伊右衛門が好きなお梅の両親とかが、お岩に顔が崩れる薬を飲ませたからだからねえ。そうゆうことが分かって、しれっと結婚しようとするお梅一族怖すぎ。

お岩の妹、お袖とその旦那、与茂七は影の主役というべき存在なんだけど、最後の仇討ち話が今回は丸ごとカットなので、存在感なし。最後の最後で、倒したよ!っと台詞で出てくるのがちょっと残念ー。なかなか面白いんだけどね。

菊之助がお岩、与茂七、小仏小平(伊右衛門の薬を盗んだとのことで、殺されちゃうんだけど諸々恨んで化けて出る)の3役早変わりをするんだけど、なんかイマイチピックアップされてなかったなー。お岩の印象が強すぎだからかもしれないけど。

 

——————-

2013年7月 東海道四谷怪談

序 幕
浅草観音額堂の場
宅悦地獄宿の場
浅草暗道地蔵の場
浅草観音裏田圃の場

二幕目
雑司ヶ谷四谷町伊右衛門浪宅の場
伊藤喜兵衛内の場
元の伊右衛門浪宅の場

三幕目
本所砂村隠亡堀の場

大 詰
滝野川蛍狩の場
本所蛇山庵室の場

お岩/佐藤与茂七/小仏小平 菊之助
直助権兵衛 松 緑
奥田庄三郎 亀三郎
お袖 梅 枝
お梅 右 近
四谷左門 錦 吾
按摩宅悦 市 蔵
後家お弓 萬次郎
伊藤喜兵衛 團 蔵
民谷伊右衛門 染五郎

塩冶


コメントを残す

Required fields are marked *.