丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

「魔法少女 まどかマギカ 叛逆の物語」を観てきた

| 0 comments

「魔法少女 まどかマギカ 叛逆の物語」序盤、中盤、終盤で展開が変わる長編映画

友人に勧められ、テレビでやった映画版の前編を観たのでこれは観ておくかっ!って事でみましたよ、まどかマギカ。

序盤、中盤、終盤で全く違う映画というくらい印象が変わるのね。
序盤は魔法少女達がきゃははうふふとナイトメアと戦う。あれ?魔獣は?

「魔法少女」してる理想的な序盤

戦い方が本当に魔法少女(笑)だって敵をお茶会に誘ってお菓子を食べさせて倒すんだもんねえ。個々人の変身シーンがあったりして、それがやや不気味な感じではあるのだが、それでもなんとも穏やかな展開で、皆楽しそうに魔法少女の生活をおくってゆく。それが逆に違和感バリバリで、物語は表層的に進んでいくわけ。何が違和感ってキュゥべえの動きが可愛いんだもん、表情あるし鳴き声可愛いし(笑)

捜査パートな中盤

中盤になると、その違和感に気がついた「ほむら」がこの世界の調査に乗り出す。その世界の謎とは?
おっさんのアニメ好きなので「うる星やつら ビューティフルドリーマー」を観ながら思い出した。
閉鎖された世界の真実に気がついた「ほむら」はその違和感の原因を追求する為に、「マミ」と戦う事になってしまう。
この戦いは序盤のほのぼのした戦いとは違い、近距離で銃をぶっぱなし合う激しい戦い。まるでガンカタだよ(笑)

真実が分かる終盤は怒濤の展開

終盤は怒濤の展開。あー、やっぱりキュゥべえがクズで安心(笑)
一つ目の真実が分かり、絶望からまたより深い闇に繋がって行くというなんともまあ、負のスパイラルだよなあ。
一緒に見に行った友達は「まったくわけがわからないよ」状態。
なかなか衝撃的なラストだよなあ。確かに続きそうだけど。

家に戻ってから録画していた映画の後編を見たけど、あーこうゆうことなのね、ということがなんとなく分かったけど。そんな訳で、これから見る人は、ぜんさくとかを予習しておいた方がいいと思うよ。

無理してるマミさんが好き(笑)

魔法少女の中ではマミさん好きなので(笑)今回バリバリ戦う姿が見られて嬉しい(笑)わりかし扱いが酷かったチームがいい感じだったなー、さやかとかもある意味キーマンだし。

魔法少女まどかマギカ
というわけで、落書きは今回の闇病みチーム(笑)


コメントを残す

Required fields are marked *.