丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

「かぐや姫の物語」を観た[映画・感想]

| 2 Comments

何気ない風景が泣けてくるほど美しいアニメ

「かぐや姫の物語」を観てきた。ともかく映像が美しい。
ラフな線と水彩の様な淡い色。それが動くというのが凄い。
草木が芽吹き、動物が跳ねる姿で泣けてくる。すっかりおっさんになったので、涙腺が緩いのです(笑)

かぐや姫が成長していく姿がまた愛らしいんだよねえ。赤ちゃん時代の動きがまた可愛くて。子供欲しくなるよ(笑)

話自体は竹取物語と同じ様に進むので、語ることはあまり無いのだけど、その人物造形が色々と面白い。
先に声を当ててから映像を作った作品らしいので、出てくるキャラクターが皆、声を当ててる俳優に似ているんだよね。
特に求婚する5人の公達が(笑)伊集院光の演じるキャラや橋爪功とか。
そして演技が宮崎駿作品の様に違和感のある人がいないので、演劇を観ている様な感覚もある。それほど表情が良く動くんだけど。

遠景などでは、顔はただの丸だったりするんだけど、アップになったりすると途端に絵画的なリアルさが出る。省くところは省いて、力を入れる所は入れる感じがね。動き優先なんだろうなー。

亡くなった地井武男の翁と宮本信子の媼も良すぎる。環境が変わっても、今まで通りに接する1番の理解者「媼」と、かぐや姫の「幸せ」といいながら身分が上がって行くことに翻弄される愚かな「翁」。

あと話題の御門(笑)歌舞伎役者の中村七之助が演じているとの事で気になっていたのだが、確かに顎が長い(笑)そしてチャラい(笑)御門なのに出てくる人の中で1番のチャラさ。

月の世界の迎えも、なんというかアッパーな曲で能天気すぎて、確かに毎日アレだと嫌になるだろうなあ(笑)楽な事しかなさそうだけどねー。かぐや姫が空を飛ぶくらい嫌がるのも分かる(笑)

笑どころもあったし、ぐっとくるところもある。ある意味究極の「日本昔ばなし」

DVD出たら欲しいなー。そして心がやさぐれた時に見直したい(笑)

かぐや姫の物語 公式サイト


2 Comments

コメントを残す

Required fields are marked *.