丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

最近はやたらと、オーバーアクション気味

| 0 comments

話す時にやや身振り手振りが大きくなってきたような…

最近誰かと話をする時に、身振り手振りが大きくなって来ている気がする。
元々そんなタイプでは無かったのだけれども…

オリンピック招致の時に日本人に圧倒的に足りないのはボディランゲージだということで、それを専門家に鍛えてもらったという話をよく耳にした。
確かに身振り手振りがある方が、感情的に訴えかけるものがあるのかもしれない。

プレゼンの天才、スティーブジョブズも、壇上をウロウロしながら、アクセントを付けたい時には、手振りを入れてた。外国人はその辺上手いよね。
考えてみればゆるキャラなどのキャラものや、中の人はいない(笑)ディズニーのキャラも身振り手振りが大きいよね。ま、喋れないってもあるのだが、ミッキーなんかは、セリフが付いている時でも身振り手振りが大きい、中の人はいないのだが(笑)
子供に訴えかける時には、身振りを入れた方が理解してもらいやすい。言葉の意味を動きが補正するのか。聴覚だけでなく、視覚を伴う方が、注意を引きつけやすいんだろうな。目が暇だと他の所見たりするしね、隣の人のおっぱいとか(笑)

講師などもやっているので、授業をしているのだが、やっぱり手振りを入れたり動き回る方が、注意を引きやすい模様。単に正面で語るより、あっちこっちに移動して、手先を使う。
まあ、まだ気恥ずかしいものがあるから、まだまだ動きが無いんだけど。
オーバーアクション
実は「半沢直樹」や「リーガルハイ」の影響がないわけではない(笑)


コメントを残す

Required fields are marked *.