丸子地移動動物園

東京で活動するグラフィックデザイナーのブログ

「富士山さんは思春期」1・2巻[漫画・感想]

| 0 comments

現代版「かぼちゃワイン」。大きな女の子との青春恋愛漫画

と言いつつも「かぼちゃワイン」を知らない人のが多いのかー。

話題になっていたので買ってみた。身長が180cm以上ある女の子(富士山さん)と160cmの男の子(上場)の中学生恋愛漫画。

付き合ってるのが秘密な二人が、健全にちょっとずつ距離を縮めて行くという、なんとも今時ではない感じの青春漫画がいいなあ。

何せ1巻のクライマックスが「手を握る」だからねえ。

ヒロインの富士山さんは体が大きくて胸が大きくても健全な中学生(どちらかというと子供っぽい)なので、ちょっとした事でドギマギしてしまったりするのが可愛い。

周囲にバレない様にこっそりと付き合いながらもやっぱり思春期の男子ならねえ…色々とやってみたい訳なのだが、その辺は中学生なのでうまくいく訳も無く。そういったモヤモヤ感がなんとも青春。

漫画的なラッキースケベはあるものの、露骨すぎずな感じが「思春期」っぽいので、いやらしくは感じないんだよねえ。青春時代はブラがちらっと見えても、ドギマギするわけで。健全だ…

富士山さんが親に買ってもらった携帯が、実は親との通話しか出来ない「みまもり携帯」だったりして、連絡するのも一苦労。学校でのやりとりはもっぱら「手紙」だし、夏休みに家に電話したらお父さんが出るし。

今の中学生の話なのに、俺らくらいの世代の青春なんだよなー。ま、俺はこんなに甘酸っぱい青春はおくってないけどね!(笑)

内容的には、微妙な距離感をさぐっている二人を見守る漫画なので、さくさく読めてしまう。でもまあ、荒んだ時に読み直したりするのがいいのかもね…

汚れてしまったよおれっちは…

Kindle版

2014年1/6時点では1巻99円だったよ、Kindle版。お試しで読んでみたは?

1/27に3巻が出る模様。楽しみ。

 


コメントを残す

Required fields are marked *.