丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

ぶらぶら越後湯沢

| 0 comments

越後湯沢駅のぽんしゅ館は18時までだった…

東京にいると何かと煮詰まるので、思い立って夜中に出発。
スキー場の営業は先週末まで?

まだまだ寒いのねー。苗場は夜は-3度になるよー。

苗場

たらたらと朝から仕事をして、三国街道の「宿場の宿」へ。湯沢町の共同浴場なので、会員は200円で入れるのだ。

宿場の宿

ここは温泉といっても割と整っているので、サウナとか食堂がある。

そして小さなギャラリーが併設されていて、「川上四郎」展をやっていた。童画を描いていた人らしく、絵はあったかくて柔らかい。

川上四郎

湯沢町ホームページ – 各課からのご案内 – 川上四郎

湯上りのまま越後湯沢駅に行き、ぽんしゅ館をひやかそうと思ったら、18時までだった!まー、シーズンオフだからねえ。

ご飯は魚沼ラーメンの「雁舎」で米粉麺の酒粕味噌ラーメンと餃子。
酒粕が混ざると濃くが出て味噌味がまろやかになって美味い。米粉麺はかなりコシがあるのねえ。味噌に合う。

雁舎の味噌ラーメン

今日の夜のお供は白瀧酒造の「真吾の一本」。杜氏の名前が付いた一本で、180mlで1000円以上すんだけどねー。
まあ、一人だと四合瓶は多いんだよなあ……
味わってこれから飲みます(笑)

慎吾の一本


コメントを残す

Required fields are marked *.