丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

「のりりん」2〜9巻[漫画・感想]

| 0 comments

電子書籍商法に乗ってまんまと既刊を買ってしまった大人自転車漫画

1巻を電子書籍で99円で買ってしまったばっかりに既刊9巻までをまとめて買ってしまった……電子書籍の罠にはまっとる。

関連記事:<a href=”http://marco-g.net/blog/2014/05/30/「のりりん」1巻漫画・感想/”>「のりりん」1巻[漫画・感想]</a>

でも、面白いです。基本主人公の丸子があまり乗り気じゃ無い風なのに、なんだかんだで流されてどんどんロードにハマって行く感じがいい。

主人公が乗り気じゃ無い素人だから、周りが色々世話をかけてくれて、それについて解説してくれるのがなんか自然な流れでいい。徐々にロードバイクで疑問に思っていた事が分かってくる様になる。

「弱虫ペタル」の様な漫画は、本格的で熱いんだけど、あれを読んでロードやりたいなーとか思えないもんなあ。漫画としては面白いけどね。

皆でのサイクリング、山登りを経てついにレースに参加。レース場を走るには気持ち良さそうだねえ。

この作家の漫画って基本的にうっつりした展開になりがちなんだけど、人間関係がどろっとしそうになると、次の場面ではさらっと受け流してるんだよねえ。巻を跨いでそれをやるので、「あれ?飛ばしちゃった?」とか思ってしまう。

まあ、ロードの楽しさを前面に出している漫画だから、そんなのは余計なものなのかもしれないけどね。

道交法が連載中に変わってしまったこともあって、詳しく解説してくれた自転車の道交法が無駄になってしまったのは、長期連載としての性が。

でも、基本、登場人物のオイちゃんが言っていた様に、原付バイク的な乗り方が正しいんだと思う、自転車は。未だに歩道とかを逆走してる人とかいるけど、おまわりさんですら。

ともかく読んでいると自転車に乗りたくなる漫画。今の季節は自転車乗るのいいしねー。

趣味として自転車に乗りたいと思ってるおっさんにはいい刺激に成ると思う。まあ、あんなに可愛い女子が一緒に走ってくれるとは思わないけど(笑)

 


コメントを残す

Required fields are marked *.