丸子地移動動物園

東京で活動するグラフィックデザイナーのブログ

「All You Need Is Kill(オール ユー ニード イズ キル)漫画版」1・2巻[漫画・感想]

| 0 comments

ハリウッド映画化されたラノベの漫画版

トムクルーズ主演で映画化された、All You Need Is Kill(オール ユー ニード イズ キル)の漫画版を買った。
漫画版の作画は、デスノートなどの小畑建。やっぱり圧倒的に絵が上手い。
映画ではハリウッド的ガチムチヒロインのリタが可愛すぎる(笑)

2巻で完結。小説は読んでいないので、本当の完結なのか分かない。謎などは解明されるものの、戦いは続く感じだしなー。

突如襲いかかってきた「ギタイ」と呼ばれる侵略者。
それに対抗すべく、パワードスーツをまとい戦う軍。
主人公、ケイジもまたその軍に所属する新兵なのだが、彼は何故か死ぬと戦闘に参加する前の日に戻される、タイムリープの能力者になってしまう。
戸惑いながらもタイムリープを繰り返し、屈強な軍人となっていくケイジ。

巨大なバトルアクスを振り回す、軍のエース、リタとの出会いにより、ケイジはタイムリープの謎にせまっていく。
果たしてケイジは、タイムリープから抜け出し、この戦争に勝利することができるのか?

何度もバラバラにされたりと、結構グロい描写が多々。そんな中、ヒロインのリタが可愛すぎる(笑)戦闘中は鬼の様に強いのだが、オフの時の表情とかがねー。

2巻で終わるというスッキリとした展開で面白かったよ。映画も映像が過ごそうだし、観に行こうかなー。


コメントを残す

Required fields are marked *.