丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

「オールラウンダー廻」14巻[漫画・感想]

| 0 comments

ついに始まった全日本選手権!廻は1回戦を勝ち抜けるか?

オールラウンダー廻の14巻を購入。
前巻で修斗の全日本選手権1回戦で早くもダウンしてしまった主人公廻。戦いも終盤になって、ついに廻の特性、「技の回転」が動き出す。

修斗というマイナースポーツで、しかもアマチュア選手というなんとも地味なテーマでやっている漫画だけど、やっぱり面白い(笑)
主人公も地味なんだけど(笑)

10巻過ぎてやっと安定して勝てる様になってきた主人公廻の特性が出てる今巻。
試合展開も早いが、内容は濃いという、格闘漫画としては読み応えがあっていい展開。なんといっても謎パワーで勝たないのがいいよ(笑)

オールラウンダーのタイトルらしく、器用に投打極が回り出す。廻は技が多彩で本当に面白い。
スロースターター故か、対戦相手にも見所があるのもね。

それでも登場人物達に「強くなってる?」と疑問符が付くのは、廻の性格故か?(笑)

ライバル喬が空手にこだわった打撃中心の戦い方という対比も面白い。
主人公の方が器用で、ライバルが不器用なパワータイプという普通のスポーツ漫画とは逆な感じがね。
特徴がないのが特徴で、ともかく創意工夫で勝っていくスタイルは、テニス漫画の「ベイビーステップ」にも通じるなー。両方とも主人公地味だし(笑)

今回マキちゃんが、強いかもしれない廻にドキドキして、告白しよう!と盛り上がるのが可愛い(笑)

電子書籍:

オールラウンダー廻(14)
講談社 (2014-06-23)

コミック:

オールラウンダー廻(14) (イブニングKC)
遠藤 浩輝
講談社 (2014-06-23)

コメントを残す

Required fields are marked *.