丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

「ちーちゃんはちょっと足りない」[漫画・感想]

| 0 comments

このマンガがすごい!2015、女部門第一位!ということで買ってみた

このマンガがすごい!2015の発表があって、男部門1位は聲の形。女部門は1位はちーちゃんはちょっと足りないだったので、電子書籍で買ってみた。

「ましろのおと」12巻「四月は君の嘘」10巻「聲の形」6巻[漫画・感想]

「聲の形」4巻[漫画・感想]

「聲の形」3巻、「甘々と稲妻」2巻[漫画・感想]

「聲の形」1・2巻[漫画・感想]

作者の阿部共実の作品、空が灰色だからはレンタルで読んでいたんだけど、この漫画は知らなかったんだよねー。

今Webで連載してる死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々は漫画はチャンピオン タップで読んでる。

相も変わらず最終的にちょっと心にちくっとくる内容の漫画だよねえ。絵柄が可愛いから油断してるとどかっと落とされる様な感じなんだよね。そしてこの「ちーちゃんはちょっと足りない」もそんな感じの漫画。

ちょっと足りない中学生のちーちゃんとその友達のよくある日常系の漫画なんだけど、中盤位から雲行きが怪しくなる。

そして最後の最後でなんとも後味の悪いオチ。うーん、なんだろうね、このモヤモヤとした感じ。

まあ、この作者の作品はずーっとこんな感じなんだけどさ。ほのぼのだと思っていたら、最後の最後で怪我をする……

ちーちゃんは中学生なのだが、なんというか幼年期の子供みたいで、知識や教養とかだけではなく、善悪の判断すらも自分で正しい事かどうかを判断できない。

ただ、そんなちーちゃんでもちょっとずつ成長している訳で。周りの皆がそれを教えてあげる事で、やっていいことと悪い事とかをちょっとずつ学んでいるんだよね。

なんというか、ちーちゃんって踏み絵みたいなもので、それをどう受け取るかで、その人自身が試される感じで。

後半になって「ちょっと足りない」の意味が別の意味で足りないということも分かるんだけど、それを捉える周りの人達の反応がね……

やはり普通の展開にならないというか。学生時代の友達関係とかで有りそうな、トラウマになりそうな展開なんだよなあ。

そしてあのオチ。うーん、なんという後味の悪さ。ネタバレになるから書かないけど、依存するってこわいよね…


コメントを残す

Required fields are marked *.