丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

「ダンジョン飯」1巻[漫画・感想]

| 0 comments

とりあえずモンスター喰ってみる?迷宮探索グルメ漫画

話題のダンジョン飯1巻を電子書籍で購入。

なんというか割と本格的なグルメ漫画(笑)丁寧にモンスターの調理方法と栄養価とかまで描いてある。

ウイザードリィの様な世界観で、パーティでダンジョンにもぐっていく話なんだけど、導入部が結構ヘビィなんだよねえ。

主人公のパーティが深層部でレッドドラゴンに遭遇し、空腹のため敗北する。その際、主人公の戦士ライオスの妹ファリンがレッドドラゴンに喰われながらも、パーティ全員を転送の魔法で地上に転送。

助かったパーティは、レッドドラゴンに喰われたファリンが、消化される前に助ける為に再びダンジョンに挑まなければならないのだが、転送の際に荷物を置いてきてしまった為、金がない。

パーティに残ったのはエルフの魔法使いのマルシルと罠を解除する鍵師のチルチャック。二人を伴って再びダンジョンに挑む訳だが、金が無いので、食料が買えない。

そこで、ライオスはダンジョンのモンスターを食べる事を提案する。

モンスターを調理中に出会ったのがドワーフのセンシ。彼はダンジョンで料理の研究をしていた。彼の助言により作ったモンスター料理は想像以上に美味しいものだった。

こうして、センシを加えた4人はファリンを救う為に再びダンジョンに挑むのだった。

……というのは建前で(笑)、主人公のライオスは以前からモンスターを食べてみたかった欲でノリノリ。モンスター食べる欲で嬉々としてモンスター知識を語るライオスはちょっと変態(笑)

調理人のプロ、センシを迎えた事により、なんだか手段がだんだんと目的になっていくみたいで(笑)

本当になんでも喰うんだよねえ、スライムとかも天日干しにして水分を抜くと高級食材になるんだって!へー(笑)

ダンジョンの罠を使って料理しちゃとかねえ。美味しく食べるということにおいて、人間(亜人)は手間をおしまないものなんだよ(笑)

妙なリアリティがある、狩りの仕方と調理の仕方

モンスターを退治してそれを調理する訳だが、そのやり方とかが妙にリアリティがあるんだよねえ。

例えばバシリスクは威嚇して混乱してる間に前と後ろから襲いかかるとか、マンドレイクの抜き方とか。

ノリとしては山賊ダイアリーに近いかなあ、あっちは狩猟の話でリアルだけど(笑)

該当URL:「山賊ダイアリー」1〜3巻[漫画・感想]

でも、淡々と捕まえて食べるというのがね。本来人の有るべき姿ってこうなんじゃないか?って思えてしまう。

ご飯はありがたく、命はありがたく頂かないとね。

コメントを残す

Required fields are marked *.