丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

「百日紅 ~Miss HOKUSAI~」を観てきた[映画・感想]

| 0 comments

江戸の息づかいを感じられる繊細なアニメーション

テアトル新宿で百日紅 ~Miss HOKUSAI~を観てきた。面白かった。

公式サイト:映画『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』公式サイト

日曜の昼なので、満席に近かった。お客さんは年配の方とかも多かったな。

百日紅 ~Miss HOKUSAI~

百日紅 ~Miss HOKUSAI~
カラフルな特製アイスティー

江戸の町並みとかがとても丁寧に描かれていて、風景や人の生業が美しく、それを観ているだけでも楽しい映画。

それにしてもよく動く。細かな所とかでちょこちょこ動いていたりして、なんとも活気のある町の風景なんだよね。そして、四季の変化も美しくて、これだけ観てたら江戸に住みたくなるよねえ。

天才北斎とその娘

北斎とその娘、という関係性の特殊さがよく出ていたなあ。親子でありながら師弟。
しかも、親は天才。同じ道を歩む身としては、どうしてもその辺迷いとかが出てしまう。

親子関係での葛藤とかは先日、中村勘九郎がナビゲーターになった番組で、色々な人が語っていたけど、先代がすごいと子供はやっぱり大変だよね。

北斎の娘、お栄もそんな悩みを抱えていて、何でも描ける事を自負しているんだけど、それでもやっぱり北斎のスケールダウンでしかなくなってしまうんだよね。

物語で、「そろそろ自分の絵を描きなさい」と言われて、結論として妹の絵を描くのだが、その絵は仕事としての結論ではない気もする。

仕事の絵と趣味の絵の違いはそうゆうところなんだろうなあ。

まあそれでも、注文が来るならいいんだけどさ。自負という面では色々と葛藤が出てくる訳だよね。

対象的には善次郎というキャラがいて、彼は北斎の弟子で、後に春画で大成するのだが、技術的にはお栄に全然及ばない。ただ、春画としてはお栄よりも売れる。善次郎は遊び人だから、経験値の差と言うものがあるからってのもあるんだけど、お栄はそれが納得できない。

自分に不得手があるのが許せない。99個で勝っても、1個負けたら負けのような考え方をしちゃうんだよね。父が偉大過ぎるからなんだろうけど。

真面目過ぎる性格の災いでもあるし、ふっと気が抜けた時にその葛藤から抜け出せるんだろうけど、物語的にはそこまで話が及ばないところで終わっちゃう。その辺はちょっと消化不良かなー。

ストーリー自体はやや寄せ集め感はあったり

原作は未読でこれから読むんだけど、エピソード的には、ちょっと寄せ集め感はあるんだよね。ぷつりぷつりと関わりの無いエピソードをお栄、北斎、善次郎で追いかける形で話が進む。季節が変わると違うエピソード
でという形で、淡々と進んでいく。

そんなわけで終わりは割と唐突なんだよね。まあ、あの感じだといつまででも続けられる話なんだけどね。

間を使った日本映画のようなアニメ

派手な演出はあるものの、映画の雰囲気は日本映画って感じで、日常的な風景でのやりとりは、小津安二郎の映画みたい。

日本映画の真髄ってにあると思うので、
個人的にはこういったまったりとしたの映画は好きなんだけどね。

映画館でも楽しかったけど、お酒を飲みながらゆっくり観たくもある。Blu-rayでたら欲しいなー。

ただ、声優が俳優さんだから、アニメでなくても……とか、ちょっと思ってしまった。
あえて白黒映画の実写とかでも良さそうな雰囲気もあったり。

あー、でもそれだと絵画的なカラフルさを出すのは厳しいかー。浮世絵的な色彩美が楽しい映画だしなー。
やっぱりアニメが良いのかなあ(笑)こうゆうアニメもやれるのが、日本のアニメの懐深さだからねー。

蛇足な話で……これは個人的な見解で、あくまで偏屈な意見なんだけど、サブカル的で、強い女性が主人公の物語のテーマソングで、椎名林檎を使うのはなんとも…ね(笑)

なんか様式美みたいになっちゃってる気もしないでもない。
椎名林檎が他に類のないアーティストだから仕方ないのかもしれないけど、テーマソングで椎名林檎が使われてる時点で、見なくても空気感が分かっちゃうんだよなあ(笑)

百日紅 ~Miss HOKUSAI~
パンフレット買いました


コメントを残す

Required fields are marked *.