丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

ベイビーステップ

「四月は君の嘘」11巻・「ベイビーステップ」35巻[漫画・感想]

| 0 comments

感動の最終巻「四月は君の嘘」と因縁のタクマとの激闘「ベイビーステップ」

四月は君の嘘の11巻とベイビーステップ35巻を購入。

「四月は君の嘘」11巻

ついに感動の最終巻、四月は君の嘘

いやー、漫画で涙ぐんだのはじめてだよ。すっごくいい漫画だった。登場人物がそれぞれ愛おしい。

宮園かをんりの現在の病状を知り、母の死とかをりを重ね合わせ、ピアノが弾けなくなった公生。それでもコンテストの日付は迫っている。

かをりの激でなんとか会場に行ったものの、精神的に追いつめられる公生。

公正の前にライバル、相座武士、井川絵見は完璧な演奏を披露する。果たして公正はコンサートでちゃんとピアノを弾く事ができるのだろうか?

演奏のシーンは圧巻の一言。音がしないのに音がする。BECKのクライマックス並のテンションと絵力。ましろのおとといい、月マガの音楽漫画はほんとに素晴らしいよねえ。

「ベイビーステップ」35巻

全日本選手権でタクマと対戦するエーちゃん。

ますます威力を高めていくタクマのサーブになす術が無い。

このまま力押しで負けてしまうのか?

エーちゃんはもてる全ての力を駆使し、タクマ打開の機会をうかがう。

第2セットは終始タクマのペース。

この漫画ってさくっと主人公のエーちゃんが負けることがあるから、ヒヤヒヤものだよねえ。

今巻では決着がつかないけど、ほんとどうなるんだろう……


コメントを残す

Required fields are marked *.