丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

ミニマリストの特集番組をみて、捨てるならまずスマホからだろっ!と思った

| 0 comments

持ち物が物質から情報に変わっただけな気がするんだよねえ

ミニマリストの違和感

ミニマリストというのは、何も持たない生活という風習。

特集されて居た人は、部屋の中に本当に何もない。家具が全くなく、あるのは洗濯機と冷蔵庫、布団と10着ばかりの服。

確かに何もない感じはするんだけど、見ていて終始違和感が。

何だろうなーと考えてみたら、スマホとMacだけはバッチリあるんだよねえ……

いやさっ、ミニマリストを名乗るんだったらまず最初に破棄すべきはスマホなんじゃないのかと思う訳ですよ。

確かに本とかテレビとか何もないんだけど、全部スマホで代わりになるじゃん。

本は電子書籍があるし、テレビも見ようと思えば見られる。ニュースもスマホで得られるし、コミュニケーションですら、SNSやLINEなんかで済ませられる。そりゃ服も要らないよ、会わなくてバーチャルでいいなら。

物に縛られない生活とか言ってるけど、スマホに縛られてるじゃん!

放映中も終始、何もない部屋の壁に寄りかかってスマホしてるんだもん。

大体、スマホとMacあったら、俺の生活はマキシマムだっ!

この二つあれば仕事できるしよう。

ジョブズとかオバマとかがやってるからってさあ、スタイルだけ真似ても結局は縛られてることには変わらないんだよねえ。というか、ジョブズとオバマという特化したスタイルに縛られてるんだよねえ。

大体、凡人があの粋に達するかどうかってね。

彼らは膨大な物や人や情報に毎日さらされてるわけだから、そりゃプライベートな時くらいは、静かに何もないところでぼっーとしたいよなあ。

所有する形が物質から情報に変わっただけ

結局、持つスタイルが変わっただけなんだよね。

物を持たなくなった代わりに情報やデータを所有する。それを介在するのがスマホであって、物に縛られなくなった代わりにデータに縛られる

コミュニケーションですら、スマホで済ませられるし、エッチな気分ですら、スマホの動画で事足りるので、そりゃ現実にはなにもなくてもいいわけよ。

それに物に縛られるより、データに縛られる方がたちが悪い気もするんだよね。

何もない部屋でスマホをじっと見ている姿をみたら、映画、マトリクスのケーブルが背中につながっていて、コンピュータに飼い慣らされている人類の姿のように見えたよ。

全てはバーチャルとデータに集約されていて、人間関係すらデータ化。

気になる物も買わなくていい。スマホで調べれば大体分かるから。

場所だってそう。わざわざ行かなくても、ネット見れば分かる。

食べ物だって、評価サイト見れば大体どんな物か分かる、食べなくても語れる……

服は買わなくても、アバターの服とか買っちゃうんだろうね、課金とかして。

……なんか違う気がするんだよなあ。


コメントを残す

Required fields are marked *.