丸子地移動動物園

東京で活動するグラフィックデザイナーのブログ

浪曲家、港家小柳の演目映像、渋谷のアップリンクにて『港家小柳IN-TUNE』を観てきた[映画・感想]

| 0 comments

芸歴70年!80を越え、いまだにハリのある声で歌う浪曲家の演目映像

渋谷のアップリンクで公開されている港家小柳IN-TUNEを観てきた。

港家小柳IN-TUNE

太刀山と清香の友情という演目を映画として上映。演目の上映なので時間は33分
と短め。英語字幕付き。

いやー、すごかった!なんという臨場感。そして、80を越えてあのボリュームとハリのある声。

迫力満点で是非、生で観てみたくなった。

近々、浅草木馬亭で公演があるらしいので行ってみようかな?

浪曲というのは、三味線の伴奏がある語りで、会話なども一人で行う。その辺は落語っぽいんだけど、盛り上がりどころは、朗々と歌い上げるんだよね。

伴奏である三味線との掛け合いはフリージャズのようで、その場その場の盛り上がりでお互いにせめぎ合うう。間の取り方とかビバップのようなグルーヴ感があるんだよねえ。たまらん。

お客さんが、合間合間で入れる相の手の拍手もいいんだよね。会場が一体になってる感じで楽しそう。

太刀山と清香の友情のストーリーはこんな感じ。

大取り組みを控えた相撲取り、太刀山が親方の借金のかたとして、次の一番を負けることを要求される。

次の一番は実は賭けの対象になっていたのだった。

賭けのための八百長など、断固として拒みたいところだが、恩のある親方のため、一旦はその八百長を引き受けようと思う太刀山だったのだが、馴染みの芸者、清香が借金の肩代わりをしてくれたため、太刀山は本意で勝負に挑めるのであった。

相撲の取り組みのシーンとかも迫力満点で、見ているこっちも力が入る。

港家小柳の浪曲自体は文句無しなんだけど、ちょっと残念だったのは、録音の音が悪かったこと。特に高音が聞き取りづらい。そんなわけで英語の字幕が役になったという(笑)

やっぱり生で聴きに行けってことなのかもね(笑)

公式サイト:『港家小柳IN-TUNE』 – 上映 | UPLINK


コメントを残す

Required fields are marked *.