丸子地移動動物園

東京で活動するグラフィックデザイナーのブログ

「八海山日本酒セミナー&古今亭文菊落語会(宴会付き) 2015年冬」に行ってきた

| 0 comments

日本酒セミナーに文菊さんの落語、〆は宴会!

またギリギリになってしまったのだが、時間ができたので竹ノ輪さんプレゼンツの八海山日本酒セミナー&古今亭文菊落語会(宴会付き) 2015年冬にぷらりと行ってきた。

会場は八海山の新しい東京事務所。

まずは日本酒セミナー。
今回はラベルを読み解くということで、ラベルに書いてある情報を詳しく。

製造に関しては何度かお話を聞いていたのだが、ラベルに関しての概説を聞くのは初めて。

これが非常にためになった。

日本酒度だけしか気にしてなかったけど、アミノ酸度と酸度の関係性とかもあるそうで、その組合せで味が想像できるみたいで。

まあ、パッと分かるもんでないけどね(笑)

でも、買う前の指針になるよね。

セミナーの次は古今亭文菊の落語会

セミナーが終わった後は落語会。

文菊師匠は上野鈴本の帰りだそうで。師走は落語家さんも忙しいねえ。

古今亭文菊師匠の落語は、強情灸(ごうじょうきゅう)柳田格之進(やなぎだかくのしん)

「強情灸」はお灸をガマンする江戸っ子の噺。まあ、それだけ何だけど(笑)その噺が大笑いできるというのがすごいよね。

次の演目は「柳田格之進」。
笑いは少なめの人情噺何だけど、これが凄くいい。

文菊師匠の抑え気味の迫力ある噺がぐっと引き込まれた。

本当に言葉の丁寧な落語家さんだよなあ。

落語はお笑いでなく話芸と言われる所以を垣間見られる。

素晴らしい。

柳田格之進

で、あらすじ。

浪人、柳田格之進は両替商の万屋源兵衛と囲碁仲間になる。

万屋源兵衛は実直な性格の柳田格之進を大変気に入り、家に呼ぶようになる。

ある日、柳田が家に来たときに、返ってきた50両が紛失する。

源兵衛は柳田が金を盗むなど、あるはずはないと疑いはしなかったが、長年勤める番頭の徳兵衛は、源兵衛への忠義と柳田への嫉妬から、柳田宅を訪ね柳田を問い詰めるのだが……

〆は八海山飲みまくりの宴会!

しんみり落語を聞いた後は、宴会!

八海山日本酒セミナー&古今亭文菊落語会(宴会付き) 2015年冬

八海山、各種飲み放題と、八海山の麹などを使用した絶品料理。

いやー、食べ過ぎて飲みすぎた。

最後の酒粕汁をこっそりおかわりしたのは内緒だ(笑)

今回のセミナー会場は、セミナー開催時などには買い物ができるとのことで、いろいろ物色。

中でも珍しかった枝豆のピクルスは、帰って早速食べてみた。

枝豆のピクルス

そんなに酸味がなくて美味い。酒のつまみにも良さそう-。


コメントを残す

Required fields are marked *.