丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

中村吉右衛門版「鬼平犯科帳」が150回の後2回で終了とな?

| 0 comments

原作すべて消費で終了。まあ、吉右衛門もお年だしねえ……

ネットのニュースで中村吉右衛門版の鬼平犯科帳が、後2回で終了という記事が出てた。

鬼平犯科帳、来夏撮影150本目で終了 原作を使い切る

原作を使い切ったから終了っていうのもあるだろうけど、やっぱり吉右衛門がきつくなってきてるんだろうねえ。

最近全然動かないもんな、舞台でも。

月曜19時のBSフジで過去の放送をやってるけど、タテの早さとか全然違うもんねえ。

ジャンプとかするんだよ吉右衛門(笑)

出ている人もずいぶん亡くなってしまったし、潮時と言えば潮時なのかもね。

鬼平犯科帳は吉右衛門版が1番いい。次はお父さんの松本幸四郎、丹波哲郎、萬屋錦之介の順かな?

幸四郎はモデルになったというだけあってはまり役なんだけど、演出とかのスタイリッシュさが吉右衛門版のが高いよね。

吉右衛門版の鬼平は組織捜査なんだよね。

ただ、切って暴れるだけでなく、地道な捜査が淡々と描かれるのがいい。

そして、合間に人情話なんかが差し込まれるから、話が光るんだよなあ。

ある意味、今の刑事物見るより、しっかりとした組織捜査してるもんね(笑)

丹波哲郎は固すぎて、長谷川平蔵っぽくなく、萬屋錦之介はちょっと神経質っぽい(笑)

長谷川平蔵は、ただ固いだけでなく、物腰は柔らかな部分と遊び人としての粋さがないとね。

エンディングにGipsyKingsのインスピレイションを使う当たりのセンスがなあ。最高だよね。

この時代のフジの時代劇は本当に映画レベルのクオリティだもんなあ。

もっと時代劇をやって欲しいよな、テレビシリーズとかで。

鬼平犯科帳


コメントを残す

Required fields are marked *.