丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

AdobeのソフトをCC 2015にしたらファンが回りだして止まらなくなった時の解消法 Creative Cloudをアップデートしたら解消しました

| 0 comments

鳴り止まぬファン!アクティビティモニタを見たら、CPU使用率が大変なことに!

Dreamweaver CC 2015を起動すると、ウィィィィィィィィィィィィィィィィン!と、親の仇かっ!いうくらいファンが鳴る。 そこまでではないにしても、イラレ、フォトショを起動してもファンがなるようになった。

どうにもおかしいので、アクシビリティモニタを見てみたら、CPUの使用率がおかしなことに! なんと、Dreamweaver CC 2015関連の機能が111%!

100%超えてるじゃん!!

そういえば、以前、Creative Cloudの不具合があるという記事をどこかで読んだので、ネットで調べてみた。

そしてこちらのブログの記事に。

参照ブログ:導入編:Adobe の Creative Cloud アプリが更新されてから、CPU が異常に高負荷で Mac が使い物にならない(解決済み)

どうやらEl CapitanとCreative Cloudの相性みたいね。

Creative Cloudのバージョンを確認したら、どうやら解消される前のバージョンらしい。こちらに関しては自動更新されないらしく、手順としては一度Creative Cloudをアンインストールして、最新版をダウンロードするしかないみたい。

症状が出た時の手順

まずは自分のCreative Cloudのバージョンを確認。

creative cloud

3.4.2.187以降なら問題がないんだけど、俺はそれ以下のバージョンだった。というわけで、まずはCreative Cloudのアンインストーラーをダウンロード。

該当リンク:Creative Cloud デスクトップアプリケーションのアンインストール

creative cloud

アンインストールが完了したら、今度はCreative Cloudのダウンロード。

該当リンク:Adobe Creative Cloudデスクトップ

ダンロードを完了後、インストールで完了。

環境設定を確認すると、バージョンがアップされている。

creative cloud

試しに、Dreamweaverを起動してみたら、ファンの音は鳴り止んだ。あーよかった。

しっかし、こうゆうトラブルはビビるよねえ(笑)


コメントを残す

Required fields are marked *.