どっこい生きてるフリーランス-丸子地移動動物園の備忘録-

東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

富士山さんは思春期

堂々の最終巻「富士山さんは思春期」8巻[漫画・感想]

| 0 comments

#最後には随分と成長した主人公カンバくん
**富士山さんは思春期**の8巻が出ていたので、電子書籍で購入。

これで最終巻。

絵で追っていく漫画なので、読み終わるまで10分くらいで終わってしまうのは相変わらず。だけど、読み終わった後ほっこりする感じがいい味の恋愛漫画でした。

あくまで中学生は中学生らしいドキドキで終始徹底してるのがいい。

初期はちょっとエロな要素があったけど、巻が進むごとにそういった要素より、ささいな学生時代のドキドキエピソードを丁寧に描いているのがいいよね。

主人公のカンバくん。初めの方では子供らしさが残っていたんだけど、最終巻では随分としっかりした感じになってるんだよねー。

修学旅行に行って、クラスのみんなに付き合ってることを告げるっていうのはカッコ良すぎでしょ。富士山さんのようなデカ女と付き合っていることに、やや負い目みたいなものを感じていた、若者独特の自意識ぶっとばすってのは、大人になってもできないもんだよねえ。

これからも付き合いが続いて欲しい感じはするけど、大人になった富士山さんは絶対にモテそうだもんなー(笑)


コメントを残す

Required fields are marked *.