丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

合法レシピ

一見無愛想そうなキャラが語る奇抜な料理とスイーツ。「紺田照の合法レシピ」1巻・「さぼリーマン 飴谷甘太郎」1巻[漫画・感想]

| 0 comments

見た目はスマートで無愛想なイケメン二人、しかし、表面上では語れない情熱が心にはある!(笑)

何かと話題の紺田照の合法レシピ1巻とさぼリーマン 飴谷甘太郎1巻を電子書籍で購入。

料理とスイーツという両方とも、食べ物を扱った漫画なんだけど、それを食べるキャラクターが普通じゃない(笑)

方やヤクザ、方や敏腕営業マン。キャラの特性が似ているのと料理した時、食べた時の心象リアクションが奇抜な食べ物ギャグ漫画(笑)

なんというか、昔あったアニメのミスター味っ子炊きたてジャぱんが近いかなあ。

二人ともど真面目なポーカフェイスなんだけど、結局考えてることは料理のこととスイーツのことという(笑)

「紺田照の合法レシピ」 1巻

新人組員の紺田照はヤクザにして高校生。

無愛想、無表情で真面目なヤクザだが、行動は時に大胆で、自分が傷つくことも恐れない。

カチコミに来た敵対勢力に囲まれても物怖じせず立ち向かうのだが、その実考えていることは料理のことばかり。

起こった事件を元にレシピを考え、家に戻ったら料理をするという流れ(笑)

そして料理の表現が完全にヤクザで、大葉のことを合法ハーブと呼び、リボルバーを見てレンコンを思い出すという(笑)魔法の粉は……片栗粉だしね!

辛いカレーを食べて、完全に武闘派って(笑)

焼き土下座の道具を見てステーキ食べてくなって料理したりと展開が強引なんだけど、そのギャップがおかしい。

春巻きの皮とポテトサラダ、チーズでピザを作ったりと、割と簡単なアレンジ料理とかの紹介もあるので、実は結構実践的な料理漫画なのかも?(笑)

「さぼリーマン 飴谷甘太郎」 1巻

転職してきた新人サラリーマン飴谷甘太郎。

一見、クールでスマートなイケメン。

前職はSEだったようだが、営業に転職したのは何か理由があるらしい。

その理由とは?

SEという仕事は外出する機会がなく、大好きなスイーツめぐりが土日しからできないからというとこ(笑)

テキパキと外回りの仕事に区切りをつけて、時間を作り、残った時間はスイーツ店めぐりに使うという。

スイーツ店めぐりに時間を使うには、仕事はきっちりやらないといけない。そんなわけで、みるみるうちに営業成績トップに躍り出るのだが、その真の目的はサボってスイーツ店をめぐること(笑)まさに営業の鏡だよねえ(笑)

毎回、色々な営業地に行って、その地にちなんだスイーツを食べるのだが、そのスイーツを食べた時の心象表現がかなり変。

なんというか世界観がダリ。ダリの絵画みたいな変な世界に入っちゃうんだよねえ。

毎回その表現が奇抜なものばっかりで、クールなキャラクターの飴谷甘太郎とのギャップがおかしい(笑)

どっちのキャラクターもブログに書かずにはいられないらしい(笑)

1話の後に必ずブログの表記が書いてあるのがちょっと似てる。俺もそうだけど、美味いものを食べてりしたら、やっぱり人に伝えずにはいられないらしい(笑)

まあ、甘太郎の場合はそのブログで危機に陥ったりしてしまうんだけどね(笑)それでも止められないんだね(笑)


コメントを残す

Required fields are marked *.