丸子地移動動物園

東京で活動するグラフィックデザイナーのブログ

Rin

ついに最終巻!なんだけど……これってもしかして打ち切り?「Rin」14巻[漫画・感想]

| 0 comments

最後の新人時代の読み切り2本はどーも、間に合わせの気がしてならないのだがー

Rinの14巻が出ていたので購入。これが最終巻。なんだけど……

どーも、前の巻あたりから駆け足だなあと思っていたら、なんともざっくりとした終わり方なんだよねえ。

伏見対瀧の表紙対決は結構あっさりと決着して、伏見が見ていた夢の漫画と現実がリンクし、それに伴い伏見と凛の運命も交差して、これまで出てきた謎のヤタガラスの着ぐるみ、ヤッサンの正体とかははっきりと分かったりしたんだけど……

そういや沢村叡智の謎の漫画「トーラス」の件はどうなったの?

なーんか、数巻前でそれぞれが思いのままのトーラスを描くみたいなことを言っていたような気もしたけど。

瀧も伏見の夢の漫画の内容をなんとなく把握していたみたいだけど、それがトーラスなのかねえ?

BECKの時は、謎エピソードはしつこいくらいに掘り返していたのに、Rinはやけにあっさり幕引き。

これってやっぱり打ち切り的な終わり方なのか?巻末についた初期の読み切り2話とかがどーにもやっつけっぽくて。

余ったらRinの話を書き下ろしてほしかったなあ。というか、伏見の漫画、リメンバーの先が気になるんだけど(笑)

次の連載はリメンバーやってくれないかねえ?(笑)


コメントを残す

Required fields are marked *.