丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

文楽勘亭流の美しい字体集「外題づくし」[文楽]

| 0 comments

書き下ろしの外題から演目の番付まで。眺めて楽しい字体の数々

人形浄瑠璃 外題づくしを購入。

外題づくし

人形浄瑠璃文楽 外題づくし
北浦 皓弌
工作舎
売り上げランキング: 457,416

フォント好きーにはたまらない一冊。

外題(げだい)とは文楽のタイトルのことで、文楽勘亭流の第一人者、北浦皓弌氏の書き下ろし。

外題づくし

外題づくし
結構知らない演目あるんだよね。観てみたい。

それに演目の解説を加えられたものと、後半は国立劇場、国立文楽劇場で公開された番付表(演目、キャスト一覧)が掲載されている。

外題づくし

最後に北浦皓弌氏の勘亭流、番付の歴史、読み方などの解説も付いていて、ただぼーっと眺めていた番付表も色々と意味があったりで面白い。

文楽の資料としても、デザインの資料としても参考になる一冊。

難点はちょっとでかくて重いこと(笑)

こういうのは電子書籍で欲しいよなあ、無理だろうけとどさあ。持ち歩いて読むってのができないのがねえ。

でも気づいた時に買わないと、知らない間に絶版になってたりするからなあ、資料集とか美術書って。


コメントを残す

Required fields are marked *.