丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

国立劇場の2月文楽、豊竹咲甫太夫改め六代目竹本織太夫襲名披露公演、口上ありの第二部を観てきた。

| 0 comments

国立劇場で開催中の文楽、豊竹咲甫太夫改め六代目竹本織太夫襲名披露公演の第2部を観てきた。

第2部は以下のとおり。

花競四季寿(はなくらべしきのことぶき)

万才・鷺娘

八代目竹本綱太夫五十回忌追善/豊竹咲甫太夫改め六代目竹本織太夫襲名披露
口上

追善・襲名披露狂言

摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)
合邦住家の段

花競四季寿は文楽の舞踊。義太夫と三味線がずらっと並んで豪華な演奏。

前半は万才で男二人のめでたい踊りで、後半は華やかな女性の踊り鷺娘

口上は竹本咲大夫が竹本織太夫をご紹介。50回忌の竹本綱太夫の思い出話を含めて笑溢れるいい口上でした。

追善・襲名披露狂言は摂州合邦辻

摂州合邦辻は能では弱法師、説経節ではしんとく丸などを元に作らえた人形浄瑠璃。

継母が息子の俊徳丸に横恋慕し、自分の欲望を満たすために俊徳丸に毒をもって体を不自由にしてしまうという話。

切りを竹本咲大夫と三味線・鶴澤清治、最後に襲名の竹本織太夫が語る。

師匠と叔父の後の登場って緊張するだろうなあ(笑)

最後の語り、竹本織太夫の力の入れようがすごくて、こんな語りを一ヶ月やっていて大丈夫かね?という感じの迫力だった。

ちょっと力が入りすぎて、悲しみにくれる場面も強すぎな感じはしてけどね(笑)まあ、襲名だし力はいるよねえー。

普段よりも、大向こう、拍手がたくさんあったので大変盛り上がった公演だったなー。

普段は静かな感じだけど、こういった盛り上がった公演もいいね。

国立劇場 二月文楽公演

2018年2月

国立小劇場

第二部(午後2時30分開演)

花競四季寿(はなくらべしきのことぶき)

万才・鷺娘

八代目竹本綱太夫五十回忌追善/豊竹咲甫太夫改め六代目竹本織太夫襲名披露
口上

追善・襲名披露狂言

摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)
合邦住家の段

コメントを残す

Required fields are marked *.