丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

俺はうまい抹茶が飲みたいだけなんだっ。丸の内の「一保堂茶舗 東京丸の内店」の喫茶室「嘉木」で抹茶をいただく

| 0 comments

本格的な抹茶が頂けるという丸の内のお店一保堂茶舗 東京丸の内店

お茶が各種売っているお店なんだけど、喫茶室が併設されていたので入ってみた。

公式サイト:http://www.ippodo-tea.co.jp/index.html

お店に入ると香るお茶の香り。

お店に入ると正面はお茶を売っていて右側が喫茶室嘉木になっている。

時間が休日の15時くらいだったからかしばし待つことに。

しばらく待って、席に通してもらいメニューを見る。

抹茶、玉露、煎茶、番茶と選べるけどここはおめあての抹茶に。

抹茶の種類もいろいろあって飲みかたも2種類。濃茶と薄茶。

せっかく来たんだから一番いいものをということで2500円の特撰抹茶濃茶をいただくことに。

俺はうまい抹茶が飲みたいだけなんだっ。丸の内の「一保堂茶舗 東京丸の内店」の喫茶室「嘉木」で抹茶をいただく

出てきたものはえ?塗料じゃないの?というくらい濃い色をした抹茶(笑)それに練り菓子がついてくる。うん、うまそう。

待望の抹茶はとろっとろで、吸い込まないと飲めないくらい。

俺はうまい抹茶が飲みたいだけなんだっ。丸の内の「一保堂茶舗 東京丸の内店」の喫茶室「嘉木」で抹茶をいただく

うーん、濃い!そして複雑な味わいだなあ。一つの味じゃないんだよね。苦味と甘みと塩気が複雑に絡み合ってともかく美味しい。

程よい甘さの餡子の入った練り菓子が合う。どちらかというと、練り菓子の方で口をリセットする感じに(笑)

俺はうまい抹茶が飲みたいだけなんだっ。丸の内の「一保堂茶舗 東京丸の内店」の喫茶室「嘉木」で抹茶をいただく

しばらく飲んだ後、お湯で割って薄茶にしてもらえる。

お口直しにということで番茶がつくんだけど、この番茶も個性的で、なんというか燻製のような香りと味がする。うまいなあ。

俺はうまい抹茶が飲みたいだけなんだっ。丸の内の「一保堂茶舗 東京丸の内店」の喫茶室「嘉木」で抹茶をいただく

お湯で割った抹茶は、さっきとは打って変わって飲みやすく爽やかな口当たり。

不思議な感じだなあ、割っただけで随分と味が変わる。これは面白いねえ。

お茶を飲んだだけなのに、不思議とお腹がいっぱいになった(笑)

複雑な味のものを飲むとなんか満足しちゃうんだねえ。

今度は玉露を飲みに来ようかな?

一保堂茶舗 東京丸の内店

住所:

東京都千代田区丸の内3-1-1 丸の内仲通り 国際ビル1階

営業時間:店頭、喫茶室「嘉木」11:00~19:00

コメントを残す

Required fields are marked *.