丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

「神様ドォルズ」1〜12巻(完結)[漫画・感想]

| 0 comments

最後の最後で万能主人公が大暴れ。それまでが長いけどね。

中途半端で終わったアニメの続きが気になったので、TSUTAYAで借りて読んだ。

面白かったけど、最後の最後にようやっと主人公の「匡平」が、「案山子」を操り大暴れするまでが長い…

案山子とは木製のロボットみたいなもので、村では神様として崇められてるもの。
それを操るのは特別な「隻」と呼ばれる存在なんだけど、一度「隻」を辞めた「匡平」が割とあっさりその力を奪ったり、隠された「案山子」の特殊能力を解放したりと万能すぎる。

「匡平」の妹、「詩緒」が「隻」を引き継いだ訳だが、10巻くらいまで、彼女の頑張りで彼女が覚醒するのかと思いきや…って感じなんだもんなあ。

最後の最後で能力大解放ってのは良くあるんだけど、それまでの過程が長いんだよ、やっぱり。
過去のトラウマは分かるんだけど、それを読んでる読者の方はね…

最初から戦っていれば、被害は少なかったじゃないのか?とか思ってしまうんだよなー。まあ、ロボット主人公はウジウジする「ガンダム」からの伝統なんだろうけどね(笑)

あとヒロインの「日々乃」が捕まり過ぎる(笑)何かあれば捕まる。もう関わらないでっ!てくらい捕まる(笑)
主人公覚醒のトリガーとして必要なのは分かるんだけど、何度も捕まると緊迫感が無くなるんだよなー。

色々と面白い要素があるのに、ちと惜しい感じでもあったり。ライバル「アキ」があんまり強くないのもちょっと物足りなかったのかもね。

コメントを残す

Required fields are marked *.