丸子地移動動物園

東京で活動するグラフィックデザイナーのブログ

ハイスコアガール

「ハイスコアガール CONTINUE」1〜5巻・「ハイスコアガール」6巻 [漫画・感想]

| 0 comments

2年ぶりに復活したハイスコアガールとその続刊!

SNKプレイモアとの著作権問題で販売が停止していたハイスコアガールがついにハイスコアガール CONTINUEとして復活!

6巻発売とともに電子書籍も再配信されたので、全巻まとめて買ってしまったー。

だって、買おうと思った翌日くらいに配信停止になっちゃったんだもん(笑)復活は待ちわびてたのです。

ネットの情報によれば、復刊にあたり、掲載ゲームの内容が変わっていたり、加筆修正されてる部分が結構あるらしい。

SNK関係のゲームが減ってカプコンゲーが増えてるそうで。まあ、仕方ないよね……

その分、短編などが追加されてるはいい感じ。ただちょっと絵柄が違ったりするんだけどねえ。なんかちょっと下手になった?(笑)

1990年代、ゲーセンに入り浸っていた世代にはたまらないストーリー背景

1990年代のゲームはある意味、転換期とも言える時期。それはゲーセンにスト2が出現した時期。

それまで一人で楽しむゲームに対戦という要素を浸透させた時期。ある意味、日本のゲーム黄金期とも言える時代だよねえ。

かくゆう俺も、その当時からゲーセンに入り浸り、主人公ハルオと同じように、ファミコン、スーファミ、PCエンジンとゲーム機を渡り歩いた時期。

NEOGIOの100メガショックとか懐かしいよねえー。漫画では諸事情で、あんまり触れられてないけど(笑)多分、改変前は載ってたんだろうなあ。

ともかく、対戦格闘ゲーム全盛期がバックグラウンドにあるので、それを知る世代にはたまらない。

スト2をはじめとして妖怪道中記、源平討魔伝、ファイナルファイトなどなどのメジャータイトルだけでなく、大江戸ファイトやダブルドラゴンなどなどマイナーなゲームまで。

あああ、そういや遊んだなあと懐かしさを刺激されるわけですよ。

懐かしさに合わさって繰り広げられる青春ラブストーリー

主人公のハルオは、ゲーム以外は何も取り柄のない少年。

ゲームに並々ならぬ修練とプライドを注いでいる小学生。

ある日ゲーセンで強烈なザンギエフ使いに出会う。それが大野という同年齢の少女だった。

ザンギエフで勝ち進む大野にガイルで挑むハルオ。しかし、完膚なき間にで叩きのめされるのであった。

運動神経抜群で成績優秀な大野に対し、ゲームしか頼れるものがないハルオは、それを打ち崩されたことにより大野に執着する。

大野に勝ちたいハルオは何かとゲームで対抗しようとするのだが、どうしても勝てない。

大野と毎回張り合っているうちに、大野が大金持ちのお嬢様で、家では窮屈な思いをしていることを知る。

全く話をしない大野を徐々に理解していくハルオは、彼女に惹かれていくのだが……恋心などとは全く縁のないハルオは、その気持ちに全く気がつかないのだった(笑)

ハルオと大野は中学、高校と離れ離れになったり再会したりを繰り返しながら、すれ違う気持ちをゲームでつなぎあって、お互いの信頼を深め合っていく。

その関係がなんとももどかしい。中学になるとそんなハルオに好意を持つ日高というキャラクターも出てくるしね。

6巻になって、日高に告白されたハルオだったが、その告白の結果はなんと対戦ゲームの結果で応えるという!

どもまでもゲーム脳(笑)

その後、ゲームを家庭教師に封印された大野と全く会えなくなったハルオだったが、大野の姉の協力を得て、彼女のためにRPGツクールでゲームを作る。

息の詰まるのような環境でハルオの作ったRPGツクールで癒される大野。しかし、そのRPGツクールのゲームを家庭教師に捨てられてしまう!

それによりついに心を閉ざしてしまう大野。

彼女とハルオは再会できるのだろうか?

ゲームというマニアックなものを扱っていながら、ピュアな二人の関係はなんとももどかしくて恋愛漫画としても秀作だよねえ。

7巻は1月だそうです。楽しみ!


コメントを残す

Required fields are marked *.