丸子地移動動物園

東京で活動するグラフィックデザイナーのブログ

彼方のアストラ

それぞれのキャラクターがそれぞれの力を発揮協力して困難に挑む宇宙版十五少年漂流記とも言える「彼方のアストラ」1〜3巻[漫画・感想]

| 0 comments

ネットのジャンプ+で連載中のミステリー要素のある宇宙漂流記

ネットのジャンプ+で連載を読んでいて、面白かったのでまとめ買いしてしまった彼方のアストラ1〜3巻。

いやー、面白いです。何者かの思惑で、バカンスを楽しんでいた少年たちが宇宙に放り出され、星々をめぐって帰還を目指す、いわば宇宙版の十五少年漂流記。

作者はSKET DANCEの篠原健太。シリアスと冒険譚、そして適度のギャグのバランスがとても良い。9人のキャラクターと能力がはっきりしていて、それぞれの力を使って困難を克服していくのが読んでいて気持ち良いんだよねえ。

西暦2063年、自然あふれる惑星マクパにて生徒だけで5日間キャンプをすることになっていた、ケアード高校の9人の生徒たち。

マクパに着き、生徒だけ残それた状態になった時に、生徒たちの眼の前に謎の球体が現れる。

その球体に触れた生徒たちは次々とどこかの世界に飛ばされていく。たどり着いた先は……宇宙空間だった。

宇宙空間に放り出された生徒たちはそこに漂う宇宙船を発見する。その無人の宇宙船に乗り込んでみると、動力、電力は生きていた。

宇宙船にあるコンパスで位置を調べてみると、そこはマクパから5千光年離れた場所だった。

現在位置から帰るには超光速を利用しても3ヶ月かかる。しかし、船内にある食糧は3日分しかない。

絶望的な状況で帰還する唯一の方法は水と食料のありそうな星々をめぐってそこで水と食料を調達していくこと。

ルートを検索すると5つの星を巡れば帰れる計算になる。

その綱渡りのようなルートに希望を見出し、9人はアストラ号と名付けた船で帰還を目指す旅を始めるのだった。

それぞれのキャラクターが持つ能力と問題点、そして漂流するように仕組んだのは誰なのか?

各惑星によってのサバイバルなのだが、未知の惑星の描写と9人それぞれのキャラクターと能力が立っていてとても良い。

主人公的なリーダーのカナタは運動神経抜群でサバイバルの知識に長けるとか、とぼけたヒロインのアリエスは一度見たものを忘れない映像記憶の能力とか。

それぞれ特徴的な力を持っているんだけど、それぞれ何かしら問題を抱えていて、それら精神的な問題を解決しながら未知の惑星を冒険していくのがいい。青春だよねえ。

そして、彼らを漂流へと追い込んだ存在。

どうやら作為的に漂流、もしくは殺害に追い込んだようで、メンバーの中に裏切り者がいる!

今の所サバイバル要素が強いけど、所々裏切り者の影が見えたりして、先が気になるんだよねえ。あんなに仲が良くていい人たちっぽいのに!

そう思えるのもそれぞれのキャラクターを魅力的に描いているんだよねえ。皆憎めないというかね。決定的に悪そうな奴がいないってものいい。

3巻で絶望的な危機に陥ってしまっているので、先がどうなるのか気になる!連載で読んでるけど、また謎が出てきてそれも気になる!

ともかく最近では続きが気になる漫画だよ(笑)


コメントを残す

Required fields are marked *.