丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

安藤忠雄展・挑戦

| 0 comments

無機質なコンクリートの建築たち

国立新美術館で開催している安藤忠雄展・挑戦を観てきた。

公式サイト:安藤忠雄展 挑戦

土曜の夕方なのか沢山の人。外国の方も結構いたなあ。

展示は最初の方は住宅のアーカイブで、写真と建築模型、そして図面。

コンクリートで構成されたシンプルな建物はたしかにかっこいいし、いいんだけど、住んでみたらどうなんだろ?

家具とか選ぶの大変そうだなあ(笑)

手書きの図面はものすごく精密で見応えある。

そして真ん中には直島の模型。

そして外には光の教会の実寸大の建物。

夕方なのですでに暗いんだけど、巨大な壁面の十字架から漏れる光がなんとも厳粛な感じ。

館内に戻って、奥に進むと段々と規模が大きくなり、美術館や博物館のアーカイブ。

規模が大きくなっても、シンプルな線と四角と円で構成されるのね。

後半は既存の建物や環境の保全や再構築。

プロジェクトの規模が大きくなろうが、住宅だろうが、根底のコンセプトとなるシンプルさは変わらないのね。

シンプルなデザインとかって難しいよねえ。

シンプルさはうまくいけばかっこいいけど、手抜きなようにも思われたりするし。

シンプルに至るその過程は、ミリ単位の調整と考察の数々があったりするんだよねえ。

デザインというものを考え直すいい機会だった。

図録買っちゃったよ。安藤忠雄のスケッチ付き。

3種類あるなんてズルい(笑)


コメントを残す

Required fields are marked *.