丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

魚沼の里、「武火文火」の本気丼「きのこ牛丼」を食べる

| 0 comments

正月休みは越後湯沢にいたんだけど、その日は足を伸ばして南魚沼の八海山、魚沼の里に行ってきた。

公式サイト:http://www.uonuma-no-sato.jp

魚沼の里には食べるところがいくつかあって、今回はうどんかなー?と思い入ったのが、武火文火

入ってみたらうどん屋じゃなくなってた(笑)

定食屋さんみたいなのになっていて、どうしようかなぁ?と悩んだ結果、ここでも本気丼(マジどん)をやっていたので、それにする。

公式サイト:https://majidon.jp

該当記事:南魚沼の本気丼!「ちゃわんめし たっぽや」にて「はらくっちゃい丼」はボリューム満点

武火文火の本気丼は、上品な味わいの「きのこ牛丼」

武火文火本気丼きのこ牛丼

魚沼の里、「武火文火」の本気丼「きのこ牛丼」を食べる

牛丼の中に舞茸などのきのこ、キャベツなどが入っていて、これに温泉たまごをかけて食べる。

牛丼自体は程よい味付けで、シャキシャキのキャベツと身がしっかりした舞茸がよく合う。

魚沼の里、「武火文火」の本気丼「きのこ牛丼」を食べる

特に舞茸が美味くて、コリっとした食感と独特の香りが食欲をそそる。

温泉たまごをかけるとしっとりと、まったりとした味わい。

全体的に上品な味付けで、食べやすくあっという間に完食。

ご飯はもういいやーとか思ってたのになー(笑)

城内食堂 武火文火

新潟県南魚沼市長森415-23

魚沼の里内


コメントを残す

Required fields are marked *.