丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

いぬやしき

「いぬやしき」1巻[漫画・感想]

| 0 comments

GANTZの作者が描く、冴えない日常へのカタルシス

「いぬやしき」1巻を電子書籍で購入。作者はGANTZの奥浩哉。

1巻目は導入部という感じで、何が起こったのかよくわからないまま終わった感じ。

ただ、読後感はなんというか言い知れぬ不安感が残った。そしてゾクゾクする。下手なホラーよりも嫌な感じ(いい意味で)。

主人公は初老のサラリーマン。一見して老人。そんな彼が一軒家を手に入れた所から始まる。一所懸命働いて手に入れたマイホームも、家族はあまり喜ばず、家の中での孤立感は増すばかり。

最初の方は読んでいて主人公が可哀想すぎていたたまれない。そして追い打ちをかける様にガンの告知。

ブランコに座って「生きる」の真似をして……

あああ、読んでいて心が痛い。

中盤、突然の出来事で主人公は変わってしまう。外見は変わらないけど中身がね……

そのカタルシスっぷりは「アイアムアヒーロー」の様な突然っぷり。日常漫画のフリしてこれだよっ!ってな感じ。

ただ、だからといって主人公自体の性格が急に変わる訳でもなく、徐々に何かをしようかと決心している感じ。

そして、もう一人、同じ運命になってしまった高校生の登場で1巻が終わる。

うわー、すげー続きが気になるよ。どうなるのこれ?

このまま非日常になってしまうのか?それとも日常に紛れんだまま、静かに動くのか?

奥浩哉という作家は、美男美女は皆同じ様な感じなんだけど、しょぼくれたおっさんとかおばさんとかの顔とかがすごくいいんだよね、本当にしょぼくれていて(笑)

そんな、しょぼくれた顔が主人公。なんかそれだけでも凄そう(笑)

弱者が手に入れた強大な力。それをどうつかうのか?しかもそれが少年ではなく、初老の男ってのがね。

これまでの生活が染み付いてる人間がどう変わるのか?とか色々面白くなりそう。次巻が楽しみ。

コメントを残す

Required fields are marked *.