丸子地移動動物園の備忘録

どっこい生きてるフリーランス-東京で活動するグラフィックデザイナー『丸子地移動動物園』のブログ

もー甘酸っぱすぎる!もどかしい二人の恋模様「モブ子の恋」2巻(漫画・感想)

2018年2月25日 by 丸子地移動動物園 0 comments

引っ込み思案で人見知り、その存在感の薄さからモブ子と言われる主人公が、バイト先の同じバイト仲間、入江に恋した話モブ子の恋の2巻が出ていたので、電子書籍で購入。

 

 

モブ子の恋 2巻【電子書籍】[ 田村茜 ]

価格:540円
(2018/2/25 23:15時点)
感想(0件)

前回はモブ子の独白という感じでもどかしい感じがずっと続いてたいけど、今巻はいきなり恋される側の入江のお話。

全くもって朴念仁という感じの青年で、自分が恋をしてるという自覚なし。だったけど、バイト先の友達にそのことを突っ込まれて、モブ子を意識していることを自覚。

なんと、早々と相思相愛モードですかー!

しかしどっちもイマイチはっきりしない性格なので、なんとももどかしいというか。

バイト仲間と水族館に行き、そこでなんと映画デートの約束を取り付け……

そのあとの甘酸っぱすぎるデート!なんだよもー、ピュアすぎかよ!

しかしなんというか、ピュアすぎて汚れちまった悲しみにな俺としては、見ていて辛いですよ(笑)

でも、二人の行方がきになるので、次も買っちゃうけどね(笑)

「甘酒アイスバー」まんま甘酒の味なのね(笑)

2018年2月24日 by 丸子地移動動物園 0 comments

コンビニで甘酒アイスバーなるものを発見。食べてみた。

食感はまわりがハードな食感で、中に柔らかなクリーム状のアイスが入っている。

ガリガリくんのリッチみたいな感じね。

味はというと……

まんま甘酒(笑)

冷やした甘酒という感じで、甘さはそれほどではなく非常に食べやすくて美味い。

なかなかの再現度だなー。

アイスの風味としてはなかなかない感じなので面白くて美味いよ。

ファッションデザイナー・ドリス・ヴァン・ノッテンのドキュメント映画「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」(映画・感想)

2018年2月23日 by 丸子地移動動物園 0 comments

2月中で終わりそうなので、新宿武蔵野館にてファッションデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテンのドキュメンタリー映画、 ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男を観てきた。

公式サイト:http://dries-movie.com/info/?page_id=5

映画の構成は、パリのグラン・パレで開催された2015春夏レディースコレクションから、オペラ座で発表した2016/17秋冬メンズコレクションの本番直後までの1年間を、過去のショーを時系列でドリスが振り返りながら、製作の様子やプライベートを見せて行くというもの。

形式上ファッションデザイナーと書いてしまったけど、ドリスはファッションという言葉を、一時的な流行にとらわれた言葉として、そう呼ばれることを好ましいとは思っていないと冒頭1発目で言っていた。

かといってアート寄りではなく、上質で丁寧な作りの、長く着られるものを目指しているようで、昨今奇抜になりがちなコレクションも、落ち着いて現実的なものラインが多い。まあ、柄オン柄なものもあるので着る人選ぶけど(笑)

ドリスの服に対するこだわりの一片はこの辺りが根底にあるんだろうね。

物静かだけど頑固そうで、何につけても頭の中で予定表を作っているというドリスは、仕事はもちろんのこと、プライベートでもきっちりちゃんと生きている感じ。

休暇のエピソードを語っていたけど、休暇なのにきっちりとした予定表を作っているそう。

だってそれの方がたくさん見られるでしょ?といたずらっぽく語っていたけど、付き合える人は限られそうだなあ(笑)

まあ、長年のビジネスパートナーであり、恋人でもあるパトリックがその辺理解してるから成り立ってる部分はありそう。

お城みたいな自宅を花で飾り、きっちりとした生活を送ってる感じとかもね。

生地と柄、刺繍にこだわりを持つドリスは、刺繍に関してはインドの工場を持っていて、その職人を絶やさないために、コレクションには必ず刺繍ものを入れるらしい。

低迷した時期には、巨大企業体に買収されそうになったけど、それを拒んだ理由の1つなんだろう。

なんでも効率化すればいいというものではなく、残さなければいけないものは、残すという考え方とこだわりが、消費としてのファッションではなく、文化としてのファッションへの取り組みなんだろう。

そうは思いつつ、それを実践できる人は限られるわけで、アイリス・アプフェルが「彼は稀有の存在で、すでに彼しか残っていない」と言っている。

商業主義の蔓延するファッション業界では、それを実践できる地力と根気を持っている人自体が、もう少ないのかもね。

ともかく観てよかった映画。

とりあえず創作をするためにも、少し丁寧に生活しようって気持ちになりました(笑)

うどんのような太さの麺がボリュームあるなあ「三田製麺所 新宿西口店」

2018年2月22日 by 丸子地移動動物園 0 comments

久々につけ麺が食べたくなり入ったお店三田製麺所 新宿西口店

公式サイト:https://mita-seimen.com

とりあえずランチで60円安くなるとのことだったので、半熟玉子、チャーシュー、メンマ、のりのトッピングが付いたつけ麺1000円。

大盛りだろうが値段が変わらないので大盛りにしたのだが、500gもあったのですごい迫力(笑)

特徴的なのは、麺がうどんか?!と言うくらい太い。

太くてコシがある麺なんだよねー。

熱盛りにしたら、割り下が麺になじませてあるそう。太いから固まっちゃうんだろうね。

スープは濃厚な魚介豚骨。

最初ちょっと濃いかも?と思っていたが、麺が太いのでこのくらい味が濃くないと麺に負けちゃうんだろうね。

トッピングのチャーシューや半熟玉子も濃いめの味付けだった。

食べ終わった頃には超満腹で動くのがつらい……普通でよかったかもなー(笑)

三田製麺所 新宿西口店

住所

東京都新宿区西新宿1-13-3 西新宿ビル1F

営業時間

10:00〜26:00

マクドナルドで「タルタ」とナゲットのソース「しょうが醤油ソース」を食べてみた

2018年2月21日 by 丸子地移動動物園 0 comments

久々のマクドナルド。気になっていたチキンタツタのタルタルソースバージョン、タルタとナゲットソース しょうが醤油ソースを食べてみた。

ナゲットソースの しょうが醤油ソースはジュレのようなソースで、割と濃いめの醤油の味とピリリとしたしょうがなかなかいい感じ。

ただジュレなのでつけていると5個目でちょっと足りなくなる感じ(笑)

そしてメインのタルタ

ふわっとした柔らかめで甘めのパン。カリカリなチキンタツタと玉子っぽい味が濃いめのタルタルソースと多めのキャベツのバランスがいい。

ただまあ、なんというか食べづらい(笑)

気がついたら裏からタルタルソースがどろっと出てきてしまって勿体ない感じになっちゃうのが難というえば難。まあ、箱に落ちたソースはつけて食べたけどー。

手が汚れちゃうのがね(笑)

思いのほかこってしているわけではないんので、結構ペロリと食べれちゃう。

個人的には結構好きだなー、これ。